【他人事ではない話】 二人目の子供を考えていた時、人間ドックなど全身検査をきちんと受けたことがないねと、夫婦で話しをする機会がありました。 ふたりめの子供を作る前に、一度健康状態をお互い確認しようと言うことになりました。 市の助成で受けられるような、健康診断は毎年受けていました。 いつもの健康診断では受けられない検査を受けようと、ネットで探していたときに、脳ドッグが安く受けられるクーポンサイトを発見しました。 私たちはそのクーポンサイトを利用し、電話で連絡をして資料請求し、検査を受けに行くことにしました。 【運命の頸部MRA】 私たちが脳ドッグを受けた病院では、脳のMRIで脳卒中、認知症のリスクもしっかりと診てもらえるコースでした。 その上心臓の検査、頸部のMRAの検査も受けられました。 MRIは一度受けたことがありました。 ガンガン鳴る音さえ我慢できたら、私にとってはそれほど苦痛なものではありませんでした。 主人は初めてのため、少し緊張したようでした。 すべての検査は大体3時間ほどで終わりました。 今までにない検査のため、少し疲労感がありましたが、自分の体のためにしていることだと思うと少し充実感がありました。 数日後、私だけ再検査のために病院にいかなければいけなくなりました。 どうやら頸部に問題があったようです。 病院の方の口調としては、そんなに重篤な雰囲気がなかったので、再来院の際はとても気軽な気持ちで行きました。 先生の話では、甲状腺の部分に腫瘍があるということでした。 今の段階では、詳しい検査をしてみなければ、黒か白か分からないと言うことでした。 【まさかの甲状腺癌】 私はそれから、検査のために何度か病院を訪れました。 結果として甲状腺がんがわかりました。 私の親友に、20代前半で甲状腺癌になった人がいました。 その親友は、手術をしてその後元気にしています。 首にある傷は、いつもゴールドのネックレスで隠していました。 ほとんど目立たないようなものです。 私はとても楽観的に、手術をすれば治ると、とても前向きな気持ちでした。 家族は私よりとても驚きました。 まさか脳に何か問題があってはいけないと思い受けた脳ドッグで、自分にガンが分かるなんて思いもしませんでした。 ですが脳ドッグを受けていなければ、私に自覚症状はなかったため、気付くのがかなり遅くなったと思います。 首の周りがはれているのも、一人目の子供を出産し体重が増えたせいだと思っていました。 自分の思い込みではなく、自分自身の健康の為、家族のこれからのことを考えると、普段受ける健康診断以外に、脳ドッグをプラスされることを心からお勧めします。

コメントを残す