絶対に脳ドックが優先!閉所恐怖症に負けないで!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

あなたは恐怖症で悩まされていませんか?

恐怖症というのは種類が多いのです。

例をあげると、血液を見る、高い所に行く、
狭い・暗い所に行く、色々嫌がります。

このような所では思いもよらない症状が・・・

動悸、めまい、吐き気、発汗など・・・

最近は、観覧車でひどい吐き気を催しました。

観覧車は高所恐怖症に入りますかね!?

この恐怖症は分からない方も多いかもしれませんが本当に厄介になることがあります。
例えば閉所恐怖症、暗所恐怖症!

脳ドックのMRIをずっと避けるのですか!?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血すべてが予防できない!?

恐怖症の方は、恐怖を持つ対象に対して
極力避けようとする経験があると思います。

例えば血液に恐怖を持つ人は献血とか・・・

脳ドックはMRIを使うので
暗くて狭い場所に入りたくない・・・

私もそのような所に入りたくない!

しかし、本当に恐怖を覚える事は別にあるはずです!!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

「もし、未破裂脳動脈瘤があったら・・・

もし、無症候性脳梗塞があったら・・・

考えたくもありません。

脳ドックでしかわからない脳の病気があるのです。

恐怖症を持つ方は脳ドックでMRIに入るのは
絶対にイヤだと考えている方も多いと思います。

それに加えて脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、
脳腫瘍もなりたくないのだと・・・

閉所恐怖症でも脳ドックを受ける方法があるのです

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

閉所恐怖症だから絶対にMRIには入らない!?

たいていの方が脳ドックを避けて頭の中の状態を
放っておくのではないでしょうか!?

それで本当にいいのでしょうか?

病気は待ってくれません。

もしあなたに素因があれば
それが明日発症するかもしれないのです。

要は怖くないMRIに入ればいいだけなのです。

発症したらメチャクチャ大変な脳卒中!?

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

あなたは脳卒中を安易に考えていませんか?

脳腫瘍が悪性だったらどうしないと
いけないか知っていますか?

本当に大変なことになるのです。

発症の仕方によっては絶命するかもしれませんし、
助かっても後遺障害が残る可能性が高いのです。

後遺症に対してはリハビリの苦労を味わい
ながら常にやっていかなければいけません。

リハビリは後遺症を伴って
初めて大変さが分かるとも言います。

やはり、発症の前に脳ドックで予防するしかないのです。

狭くなければ完全解決!?MRIにも構造に種類!!

pl-2014291655789

基本的に脳ドックではMRIは避けて通れません。

なぜならばMRIは未破裂脳動脈瘤や、無症候性脳梗塞を
画像検査してくれる優秀な医療機器だからです。

では狭くないMRIに入ればいいのです。

そんなのあるの?って思うかもしれませんね。

実は狭くないMRIがあるのです。

開放感たっぷりで検査を受けられるオープンMRIを設置している病院をご存知ですか!?
オープンMRIの検査を受けたい方はコチラ↓

新オープン

コメントを残す