一刻も早く行って欲しい脳ドック

d5a72744ee73138af73a91af2a476ac6_s

第四位の死亡者数の脳卒中は
脳ドックで予防するのが一番です。

でも行く暇がないと思っている方も
多いのではないでしょうか?

「子供が小さくて傍にいなければ
いけないので私には脳ドックに行く時間がない」

「仕事が忙しくて病院に行ける
時間なんてとてもじゃないけどない」

そう考える人は少ならからずいますね。

閉所恐怖症もあり暇もない!どうしたら良い?

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

平日忙しい方でも土日、祝日なら
脳ドックへ行けるはずですね。

平日は仕事の方も、平日は子育ての方も
土日なら時間を作れる可能性が高いですよね。

「休みの日くらいゆっくりさせてよ」って
思う方もいるとは思うのですが、
いきなり脳の病気は急性期をむかえます。

脳卒中を予防するために日頃から
心がけている方も脳ドックへ行くべきです。

閉所恐怖症の方なら広々としたMRIで
検査をする病院を選べばよいのです。

発症をした方も定期的に
脳の検査を受けているのです。

土日祝に開いているオープンMRIの脳ドック!?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

土日祝日のいずれかの日に
検査ができる脳ドックはたくさんあります。

基本的には平日の脳の検査を実施している
病院が大半ですが、よく調べたら平日以外に
脳ドックを実施するところもあります。

特に土曜日で脳の検査を実施している
医療機関は多く存在します。

閉所恐怖症の方は閉塞感が気にならない所で
診てもらえる、土、日、祝日のいずれかで
これらの検査ができる機関を選択すべきです。

閉所恐怖症で怖くて脳ドックを避けていると!

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

本当に脳卒中を起こして
しまえば大変なことになります。

脳の検査を予めしておかないと
脳卒中になるリスクが高くなります。

第四位の死亡率である脳卒中はその順位が高いため、
誰もが可能性を秘めている疾患なのです。

発症してしまえばあなた本人だけでなく、
家族や周りの方も大変なことになってきます。

リハビリに本人は励まないといけなくなりますし、
家族は介助に苦労することになるかもしれませが、
そうなる前に脳ドックへ行きましょう。

閉所恐怖症ならオープンMRIの
脳ドックの選択を検討しましょう。

脳ドックに行く時間がないは通用しない!

脳ドックへ行く時間はあなたの
開いている時間を利用すればよいのです。

平日しかない脳ドックも多いですが、
土日に開いている医療機関もあるのです。

休みの日を脳ドックに費やすのは嫌だと思っている方も
多いかもしれませんが、もし脳卒中が発症してしまえば
何週間、何カ月の時間を消耗してしまうのです。

急性期の入院、回復期の入院など長期間に
わたって入院しなければならないのです。

発症後の2,3週間目までが急性期で、
6か月目くらいまでが回復期なのです。

入院にこれだけの時間を費やすとなると
休日などを一日使って脳卒中を
予防した方が絶対に良いですよね。

検査時間は丸一日使わない脳ドックもある?

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s脳ドックは人間ドックなどに組み込まれている場合には
時間がかかったり、一泊二日になるケースも
ありますが、ほとんどが数時間以内に終わるのです。

中には脳ドックの検査時間が
30分未満という医療機関もあります。

なので、休日に脳ドックを行くのを希望する方でも
基本的に数時間もあれば
終わるのではないかと思います。

脳ドックはそれほど時間を要しない検査です。
数時間で脳卒中の予防を終える
なんてとてもいいですね。

オープンMRIが近くになかったら!?

m030290
閉所恐怖症の方はオープンMRIのある脳ドックへ
行かないといけないので少し場所を
選択しないといけないかもしれません

しかし、あなたの住む地域の中で
近いオープンMRIを選ぶのです。

移動の時間がどのくらいか把握して
脳ドックへ行ってみましょう。

移動時間が長くても丸一日あれば検査時間を含めて終わる
ことができるのではないでしょうか?

是非、近くのオープンMRIが
ある医療機関を見つけてください。

脳ドックへ行くことで安心と健康を!

m030079
閉所恐怖症であるならトンネル型MRIは嫌でしょう。

でもオープン型MRIなら脳ドックを安心して
受けられるはずですし、検査結果が良ければ
健康状態に関しても安心できるはずなのです。

時間がないを言い訳にせずできるだけ
早めに脳ドックへ行ってみましょう。

脳の検査は脳ドックだけです。

休日のオープンMRIでの
脳ドックを探している方はコチラ↓
%e5%9c%9f%e6%9b%9c

暇が無い!閉所恐怖症!でも脳ドックへ行こう!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

脳ドックへ行かない理由の一つとして
「時間が無い」と言われる方が多くいます。

現代人は多忙ですのでなかなか脳ドックへ
行く時間が取れないかもしれません。

長くても2時間程度の脳ドックでの検査を避けることで
脳卒中のリスクの軽減ができなくなるのです。

時間が無いから脳ドックに行けないでは困ります。

ある日、突然に脳卒中は発症するのです。

まだ発症しないうちに未然に防ぐ必要があるのです。

それには脳ドックに行ける時に行くべきなのです。

平日の脳ドックに行く時間が無い方必見!!

72b9cfae165f3b17386e596a8ccc395d_s

時間がある時、つまり土日祝日などの
休みの時に脳ドックへ行けばよいのです。

脳ドックは平日の実施が大部分を占めている傾向があります。

しかし探せば土曜、日曜、祝日に脳ドックを
実施している医療機関も多く存在するのです。

平日に休みが取れない人も、休日に検査を
受けることができれば、是非一度
脳ドックを受けてみることを検討してください。

休日はゆっくりしたいと思う方が多いかもしれませんが、
そのうち2時間程度、短ければ30分程度の脳ドックを
受けることで将来の不安を取り除けるのなら休日でも
積極的に脳ドックを受けておくべきでしょう。

閉所恐怖症で時間が無いのならどうする!?

m010583

恐怖を感じない休日の脳ドックを受ければよいのです。

すでに上述しておりますのでポイントだけ話します。

・オープンMRIで脳ドックを受ける
・土日祝日の脳ドックを受ける

両方の条件を満たす脳ドックを探せばよいのです。

脳ドックに行きたくないという理由で、検査を受けず
本当に脳卒中を起こし絶命したり、救命できても
後遺症によるリハビリに苦しむケースも多々見られます。

閉所恐怖症だから脳ドックへ行けないのと同時に時間が
無いという理由はこれで消すことができるはずです。

土日祝日のオープンMRIは各地にありますが、
探すのは大変だと思うので下記に載せておきます。

土日祝日のオープンMRIはコチラ↓
%e5%9c%9f%e6%9b%9c