宮崎県民は脳梗塞や脳出血を起こしやすいのに・・・

9d04e5d8db755d982e10867b342b4fc8_s宮崎県は全国の脳卒中での死亡率ランキング
17位であり、閉所恐怖症の
アクセス率31位という順位でした。

脳卒中での死亡率は高めの順位で
ありながら閉所恐怖症の意識は低い
というのが宮崎県の特徴になります。

このことは宮崎県民で閉所恐怖症の方が
脳卒中になりやすいという結果に繋がります。

閉所恐怖症の方が脳ドックを受けるということは
宮崎県の場合非常に少ないのではないでしょうか?

また、宮崎県の閉所恐怖症の人々は開放的に受けられる
MRIの存在に気づいていないのではないでしょうか?

宮崎県の脳卒中の危険因子の特徴とは!?

・宮崎県民のBMIは結構高い
・宮崎県の食塩摂取量はかなり多い
・一日歩行数からの推測で運動量は平均的
・宮崎県民は喫煙率は結構高い部類に入る

喫煙率以外は隣の鹿児島県に似ている感じがあります。

宮崎県自体は脳卒中の死亡率が高いため、BMIを
下げたり、食塩摂取量を抑制する方向で
行かなければ、今後の脳卒中の患者を減らすことは
できないと言っても過言ではないでしょう。

宮崎県民は運動量を増やし、高脂血症や
高コレステロール血症を改善させるべきです。

また、宮崎県の喫煙率が高いことからも、
ダイレクトに脳卒中の発症原因になるタバコは
できるだけやめるように心がけるべきなのです。

○宮崎県でオープンMRIの脳ドックを予約するには?

宮崎県のオープンMRIは宮崎市
大字浮田にあるみたいです。

もし、あなたの近所に無くても浮田に
行ってみるのも良いかもしれません。

こちらの方の病院では脳ドックの受け付けも
しているみたいなので、頭の病気を
予防したい方は是非、一度検査をしてみてください。

特に宮崎県の方で閉所恐怖症を持っている方は、
宮崎県の死亡率が高いことも考慮して
是非一度オープン型MRIを受けるべきです。

宮崎県は生活習慣は上記のとおり
あまり良い県とは言えません。

もし、宮崎県民が食事やタバコなどの生活習慣を
改善したとしても脳卒中の予防のためには
脳ドックを受けるしかないと考えるべきなのです。

鹿児島県民はやや危ない!開放型への意識はややある!

9eb2929999c4b109dd1b9f5d0d6c83c1_s

鹿児島県の脳卒中で亡くなられる方の割合は都道府県
毎の順位で13位、閉所恐怖症の開放型の
MRIに対する検索率はランキング13位でした。

順位がともに13位というのは珍しい事ですが、
死亡者率に関しては、かなり高い部類ですね。

これらの事から言えることは、鹿児島県民は
脳卒中での死亡率が高く、同時に閉所恐怖症の
方はMRIの構造が開放型であることを
望んでいるということが予想されます。

オープンMRIを好んで脳の検査を受けてみようと
考えているけれど、もっと脳卒中を予防するために
脳ドックで実際に検査を受ける意識も強めた方が
良いのが鹿児島県民ではないでしょうか?

鹿児島県の脳梗塞や脳出血を起こす要因はこれだ!

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

・鹿児島県のBMIはやや高い
・一日塩分摂取量はやや高い
・鹿児島県民の運動量は平均的
・鹿児島県の喫煙率はやや低い

鹿児島県はBMIが高いのと、塩分摂取量が
高いのもあり、食生活において
見直しをした方が良い県かもしれません。

食生活の改善は難しいかもしれませんが、
脳卒中の予防において大変重要なことなのです。

日本でトップの脳卒中の死亡率である岩手県も
同様にこのBMI、塩分摂取量が高い県です。

喫煙率が低いのは、鹿児島県が脳卒中で
亡くなる率が高いので、予防のために
意識が働いているのかもしれません。

鹿児島県でトンネル型MRIを回避する方法とは?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

トンネル型以外でのオープン型
MRIを鹿児島県で見つければいいのです。

オープン型MRIで検査をしてくれる脳ドックの予約は
鹿児島県でどのように探せばいいのでしょうか?

鹿児島県という地理上、人口密度も低いわけで、
都心に比べたら脳ドックの数も相当に少ないはずです。

閉所を嫌う鹿児島県民はそれなりにMRIに
対する意識が高く、オープンMRIを探す
術を持っていると思います。

しかし、オープンMRIで実際に検査を受けている
鹿児島県民はそれほどいるとは考えられません。

鹿児島県では鹿児島市吉野にオープン
MRIを設置している病院があるみたいです。

脳の検査を希望される場合には一度確認されて
検査の予約をしてみてはいかがでしょうか?

死亡率が再下位の沖縄県でも病院での検査は必要?

df7b02003587d376c7253bb839f76098_s

もしかすると沖縄の閉所恐怖症の方はMRIは
脳ドックはトンネル型のみと諦めているかもしれません。

実際、沖縄県からのオープンMRIを
探している方は、ほぼいない傾向があります。

更には脳卒中で亡くなる方の割合が他県に
比べて少ないので、自分だけは病院で予め検査を
受ける必要が無いと思っているのかもしれません。

閉所恐怖症の沖縄県の方は本当に
それでいいのでしょうか?

脳卒中についても、脳ドックの検査方法についても
沖縄の場合、認識を改める必要があるかもしれません。

油断大敵!死亡率の低さに安心しないで!

m010501

わずかな時間で脳卒中の発症を予防
出来るのがベストだと考えるべき
エリアは当然、沖縄も該当するのです。

沖縄県は2013年は全国でも最も脳卒中での
死亡率の低い県だと言われていました。

しかし、低いことを理由に病院で
検査を受けなくて良いわけではありません。

これは決して沖縄県なら
大丈夫というわけではないのです。

沖縄の方でも脳梗塞や脳出血で
亡くなられる方はたくさんいるのです。

今でも欧米化の影響が強い沖縄は要注意!?

5c57d5b1c4ebbeb3b059de41018f0917_s

脂の多い食生活を控えなかったばかりに
脳卒中を発症してしまうケースもあるため、
出来るだけ早期の生活習慣を
変えなければならないことも多いのです。

食生活の影響を強く受けている沖縄では、
今後はコレステロール値や血圧上昇を
招く可能性も否定できません。

実際に沖縄のあるエリアでは脳梗塞の
発症患者が増えているという報告もあるのです。

脳卒中は発症してしまえば大変なことに
なるため、健康な時により早く病院で
検査を受けるようにしましょう。

BMIの高い沖縄の脳卒中の頻度とは!?

m030329

BMIと脳卒中の相関性はないという研究報告も
ありますが、欧米化の食生活の進んでいる
沖縄県では、コレステロールが高くなる傾向が
あると言っても過言ではないでしょう。

BMIは過去にワースト3位であったという事実も
あるので、それに伴いコレステロールなどの
動脈硬化の危険因子の増加も考えられると思います。

それにオープンMRIの存在にもあまり敏感でない
傾向がありますから、閉所恐怖症の方が脳ドックを
受ける必要性なんて考えてもいないかもしれません。

早期に予防できるように沖縄県の方も出来るだけ
早く病院で脳ドックを受けましょう。

オープンMRI