北海道の閉所恐怖症の方の考え方とは!?

1f797a626efad86f85be82c601bdb487_s

北海道地方は2013年には脳卒中の
死亡率が日本の都道府県では33位でした。

北海道地方のオープンMRIへのアクセス割合は
26位、BMIは必ず相関性があるわけでは
ないですが22位という結果になりました。

つまり、北海道地方の方の脳卒中での死亡率や、
閉所恐怖症の方の脳ドックへの意識などは
全国的にも平均といったところでしょう。

それなりに脳卒中に対してもオープン型
MRIに対しても知識はあるはずです。

しかし、脳卒中での死亡率はもっと減らせるはずですし、
オープンMRIへの認識をもっと高めてもいいはずです。

北海道地方の脳卒中への影響とは!?

m010343

食生活や運動などは基本的に気を付けないと
いけない事ではありますが、北海道地方の
場合は何といっても気温ではないでしょうか?

言わずと知れた日本では一番北に位置する
訳ですから当然、最も寒いエリアと
いっても過言ではありません。

そして、脳卒中の中でも脳梗塞は北海道の冬の
気温ではより発症する可能性が高いと言えます。

最近の疫学調査では夏と冬にも両方、多発傾向が
あるとも言われていますが、極端に寒いエリアで
あることを念頭に脳卒中に対する
考え方ももっと改めた方が良いでしょう。

北海道で脳卒中が懸念される重要な理由〇〇とは!?

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s

脳卒中を発症する原因の一つとして上げられ、
かつ北海道ならではという因子は、ずばり喫煙率です。

2013年の統計では北海道の
喫煙率は全国トップに位置しました。

喫煙は脳卒中の原因となる動脈硬化を促進する
だけでなく、毛細血管自体を収縮してしまう
傾向があるので、脳血管のためには禁煙をした方が
無難であることは言うまでもありません。

喫煙をしている方が多い北海道では脳の
検査を病院で受けた方が良いでしょう。

寒い冬が待っている北海道ではより脳卒中を予防
するために病院での検査をお勧めしたいと思います。

閉所恐怖症ならオープンMRIの病院が北海道でも
あるので一度は検査をすることを検討してみてください。