死亡率が第一位!岩手県の脳卒中対策はどうなの?

ff9a447d8711bb84f2b0b2154cf0107c_s

閉所恐怖症のオープンMRIに対する意識は22位、
脳卒中で亡くなる率が、1位なのが岩手の特徴です。

脳卒中で亡くなる可能性が一番高いのが
岩手県であり、オープンMRIに対する認識は
まずまずといったところでしょう。

死亡率がランキング1位という結果はたまたま
トップであったという考え方をする方が
非常に多い気がします。

しかし、都道府県が47あり一番の岩手県と
最も良かった沖縄県、の10万人当たりの
脳卒中での死亡率はそれぞれ89名、30名でした。

上位と下位では死亡率が全く違うのです。

岩手と沖縄では3倍も死亡率が違うので、岩手県は
とても 気を付けなければいけない県であるのです。

岩手県が脳卒中になる理由とは!?

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

・岩手県民は塩分摂取量がとても高い
・岩手はBMIがかなり高く
動脈硬化が進みやすい可能性がある
・全国的に喫煙率が非常に高い
・一日歩行数からも運動不足の傾向が高い
・岩手県民はオープンMRIを多少知っている

この岩手県はかなり生活習慣、運動、
嗜好品などにおいて見直す必要が最も高い県で
あることは誰もが否定できない事なのです。

更に外気温が低くなる岩手県では温度差による
脳卒中の発症には強い注意が必要になってきます。

最下位の沖縄よりも3倍も高い岩手県は
少しでも死亡割合を下げるようにしたいところです。

岩手県のオープンMRI事情はどうなっている?

pl-2014291655789

どのエリアに住んでいても閉所恐怖症なら
オープンMRIを見つけて脳ドックによる
検査を速やかに受けるべきなのです。

岩手県民のオープンMRIでの
検査率はそんなに高くないのです。

人口が集中している首都圏に比べ岩手県は
それほどオープMRIは無いでしょう。

岩手県では盛岡市、北上市などではオープンMRIで
検査できる脳ドックがあるみたいです。

一度、閉所恐怖症の岩手県の方は盛岡市、北上市などで
脳ドックを受けていただきたいと思います。

東日本大震災で大変苦労もされている方も多いと
思いますが、ストレスも脳卒中の発症原因の一つです。

福島県の閉所恐怖症の方は本当に危ない!

060775b6f60d56367e5d276cf302998b_s

脳卒中の死亡率ランキングは2013年の都道府県
ランキングでは5位という極めて危険なエリアでした。

オープンMRIの意識に関しては、ほぼ
全く意識していないという結果が出ました。

つまり脳卒中の危険性がとても高いが閉所恐怖症の
方が脳ドックの検査を敬遠している可能性が
高いエリアが宮城県だと言えるでしょう。

福嶋県は閉所恐怖症の人が脳ドックでの
検査を避けているので、脳卒中での
死亡率が高いと言い換えることもできます。

宮城県民はもっとオープン型のMRIに対して
研究をする必要があるのは間違いありません。

福島県の脳卒中の原因を追究しよう!!

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s
・脳卒中死亡率は極めて高い
・オープン型に対する意識は極めて低い
・塩分摂取量がかなり高い
・喫煙率がかなり高い
・歩行数など目安になる運動量が低い
・女性のBMIはとても高い(2013)

やはり、食生活や運動生活などの質が悪く脳卒中に
なる可能性が高くなるのが福島県の特徴です。

塩分摂取量や喫煙率は脳卒中の原因の動脈硬化の
指標になりますが、福島県民はこの事からも
禁煙や減塩に励まなければいけません。

ここで最も気にしなければならないのは
福島県民は閉所恐怖症の方が脳ドックの検査を
嫌っている傾向があるということです。

福島県でオープンMRIを見つけるきっかけとは!?

m010294

冒頭でも触れましたが、福島県では閉所恐怖症の
方の脳ドックへの関心が低く、オープンMRIの
存在自体を知らない可能性があります。

福島県では会津若松市でオープンMRIで
検査を受けられる病院を見つけております。

福島県は比較的関東エリアに近いため、関東エリアで
オープン型MRIを見つけるのが良いかもしれません。

関東エリアのオープンMRIなら福島県からも
予約して検査を受けることが可能だと思います。

実際に遠方の脳ドックへ行って
検査をされる方も多いのです。

基本的に関東地方にはオープンMRIで受けられる
脳ドックが全国の他のエリアに比べ圧倒的に存在します。

脳卒中に対する宮城県の考え方とは!?

0751ab3cc3388b47b76ced281b8b9659_s

宮城県は脳卒中での死亡者率は2013年度の
ランキングでは全国第30位でした。

これは東北地方の他の5県が上位を独占する中、
宮城県はかなり優秀な県であると言えます。

オープンMRIに対する認識も宮城県に関しては
第20位であり、閉所恐怖症でも
脳ドックに対する意識が高い県なのでしょう。

しかし、全国では第30位であるためまだまだ
脳卒中に対する考えや検査を改める
必要があるのではないでしょうか?

宮城県の脳卒中事情はこれだ!!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

・宮城県は脳卒中で亡くなる方はやや少ない
・オープンMRIに対する意識は宮城県民は高い
・塩分摂取量が極めて高い地域であるのが宮城県
・宮城県での喫煙率は全国平均ではやや低い
・宮城県のBMIはやや低い

東北地方は6県存在しますが、宮城県は
その中でも珍しく脳卒中での死亡率が低い県です。

喫煙率などが他の東北地方のエリアと比べると低いと
いうデータからも、もしかしたら脳卒中を予防すると
いう考えが強いのが宮城県なのかもしれません。

BMIは直接、脳卒中に関係ないというデータも
ありますが、高いと高脂血症などの動脈硬化の
危険因子となることを知っているので宮城県民は
上手にコントロールしている可能性があります。

油断するべきではない!?宮城県の脳卒中予防とは?

ef3aefd45f52c64613b3c3c3bbb8d94e_s

日本全国では脳卒中の死亡者がそれほど多くないと
言っても、宮城県ならではの危険要因が残っています。

それは宮城県は塩分摂取量が非常に高い県であり、
気温が寒いエリアであるということなのです。

塩分をしっかっり摂取する傾向があり、低温である気候は
部屋との大きな寒暖差を生むため宮城県の脳卒中の
患者数は今後、増えないとは言えない状況だと思います。

閉所恐怖症のためにオープンMRIを宮城県で
見つけたいと思われる方も多いかもしれません。

仙台市の若林区にはオープンMRIで検査を
受けられる病院があるみたいですね。

宮城県でオープンMRIを受けたい方は一度
問い合わせをしてみるといいかもしれません。

秋田県の閉所恐怖症の方は脳ドックをどう考えている?

286a1ab2b01f2cf92d0f26950ad3f193_s

秋田県のオープンMRIのアクセスランキングは
全国で8位、脳卒中での死亡者率は
全国都道府県のランキングでは第2位でした。

この事より秋田県の方は脳卒中の危険性を把握して
いるのと同時に、閉所恐怖症の方がトンネル型
以外のMRIを探している可能性が高い
県だということが分かります。

またBMIも高い県であるのと同時に、
一日の塩分摂取量が極めて高い県の一つで
あるということが、秋田県の特徴です。

どうしても塩分の高い食事を好む傾向にある
秋田県は、この部分からの改善は
必須であることは言うまでもありません。

秋田県の方が気を付けることの4つの事とは!?

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s・喫煙をしないようにする
・塩分摂取量を下げる
・運動をしっかりする
・脳ドックで脳の検査をする

喫煙率も高く、塩分もたくさんとり、運動量も
少ない秋田県の脳卒中の罹患率が高いのは、
いとも簡単に想像がつきます。

これは喫煙の酸化や、塩分による血圧上昇で動脈硬化が
起こりやすくなっている状態なのです。

また、意外に意識してない方も多いのですが、
運動量の不足はコレステロールや
中性脂肪の増加につながります。

この血中脂肪の増加やコレステロールの上昇も脳卒中の
危険因子である動脈硬化に移行しやすいのです。

オープンMRIを秋田県でどうやって探すのか?

m030329

現に日本で2位の死亡率である秋田県の方はできるだけ
脳ドックで予防に努めるべきだと考えられます。

何といっても罹患する確率は高いはずです。

秋田県にも閉所恐怖症の方は大勢いると
考えられるので、病院での検査はオープン型
MRIを選択するようにするべきです。

秋田県では鹿角市にオープンMRIで
検査を受けられる病院があります。

もし、秋田県の方で近隣の病院が見つからない
場合には鹿角市で脳ドックの検査を
してみるのも一つの手だと思います。

秋田県民で閉所恐怖症の方はできるだけ早く病院で
無症候性脳梗塞や、未破裂脳動脈瘤が存在するか
否かを調べることが重要だと思います。

危険な青森県!もっと脳卒中に敏感になろう!

cafbcb6418a3ea01c9fd1549f9d89eef_s 青森で閉所が嫌いな方はどうしたら良い?

青森県は2013年脳卒中の死亡者率が第6位でした。

なお、このサイトへのアクセス率は9位ですので
閉所恐怖症の青森県の方はMRIが開放型である
ことを気にしている割合が高いと分析できます。

青森県の閉所恐怖症の方は現地での脳卒中の
死亡割合が高いせいか、オープンMRIに
対する認識が高いのかなと思います。

青森県の方は脳卒中での死亡割合が
高いため、早めに病院で脳ドックなどの
検査をするべきだと考えられます。

死亡率が高いことからしても青森県の方は
近隣の方で脳卒中になったという
経験も多いのではないのでしょうか?

青森県の脳卒中の危険因子の特徴とは!?

m030329

男性喫煙率が非常に高い(2013)
BMIがとても高い
塩分摂取量が非常に高い
運動量が少ない

青森県の特徴としてはこれだけのことがあげられます。

青森県の脳卒中の死亡率が全国第6位と
いうのも分からなくはないですね。

運動に対する認識、食事に対する認識を
青森県の方は考え直さなければいけません。

特に塩分に関しては血圧をあげ動脈硬化を促進し、
脳出血、脳梗塞などを起こしやすくなりますので
青森県の方は要注意だと考えられます。

また、青森県は寒い地域ですので脳出血・脳梗塞を
起こしやすいという報告もあります。

オープンMRIの脳ドックの認識を深めよう!

pl-2014291655789青森県で閉所や暗所が苦手な方のオープンMRIに
対する認識は、かなりのものだと推測できます。

ただ、実際にオープンMRIで脳ドックの検査を
受ける青森県の方がどのくらいいるかはわかりません。

しかし、まだオープンMRIの存在が分からない
青森県民は充分にその認識を深め、閉所恐怖症でも
検査ができることを覚えておいてください。

おそらく、青森県の方でオープンMRIの病院で
検査予約をする方はあまりいないと予想できます。

青森県では首都圏に比べるとオープンMRIで
検査できる病院は少ない可能性がありますが、
閉所恐怖症の方は何とか見つけて
脳ドックを受けてみてください。

また、関東地方に行くことがある場合には、その
ついでに脳ドックを受るという手段もありますよ。

ちょっと怖い山形県のオープンMRIの認識

fc9a266e6a18520a09926ea434080484_s

山形県の特徴としては、脳卒中での死亡率が高い、
オープンMRIに対してのアクセス数が
低いということが挙げられます。

つまり、山形県の閉所恐怖症の方は脳卒中に
罹患するリスクが高いのと同時に、オープン
MRIでの検査を知らない可能性があります。

日本は東北地方で脳卒中の死亡率が高く、
寒さと脳血管障害が関係あるとされている
山形県でも同様に脳卒中の死亡率が
高い地域であるということが考えられます。

危ないエリアだという認識を強めよう!

de6350f1e8ded9a75ec67726982913bf_s

あなたがもし脳卒中の前兆などに見舞われて
いなくても、罹患しないという保証は全くありません。

基本的に塩分の摂取量が高いエリアでは
脳卒中のリスクが高まるのは当然なのです。

この塩分の過剰摂取は血圧を高める
だけではなく、動脈硬化そのものを促進して
しまうので脳梗塞のリスクも充分高くなるのです。

更には山形県という寒い気候も
手伝うと、もうお分かりですね。

脳卒中の発生しやすい山形県の方こそ
早めに病院で検査を受けるべきなのです。

死亡率が2013年は第3位の山形県

m007-121

どうしても東北地方は脳卒中の
原因となる条件がそろっています。

脳卒中の死亡者の人口比率も、東北地方が
上位を独占しているのはご存知でしょうか?

更には他の東北地方に比べオープン型MRIの
存在の認知率が低いのも山形県の特徴だと思います。

閉所恐怖症の山形県の方は病院で頭部MRIの
検査を我慢したり避けている可能性もあると思います。

山形県にも探せばオープンMRIがあるかもしれません。

山形市や鶴岡市、酒田市などでは
検査できる病院の数も多いと思います。

遠くのオープンMRI設置病院で検査するのもあり!?

m030962

閉所恐怖症の方がオープンMRIを
求めて病院を探すのは当然かもしれません。

しかし、人口の密集している関東地方に比べると
やはりその数は少ないと考えた方が良いでしょう。

しかし、近隣でオープンMRIを見つけることが
できなかったとしても、遠くの病院で
検査を予約するのも一つの手だと思います。

現に他県に行く機会があるときに病院を予約して
検査を受けたという方もいらっしゃいます。