脳ドックに対し閉所恐怖症の人が留意する事とは!?

閉所恐怖症の人は、閉所に誤って入っ てしまえば、
閉所の有する圧迫感のためにパニック状態へと
陥りがちになっ てしまいます。

閉所恐怖症の人が脳ドックを受けると脳ドックと
いうものは、MRIのように特段狭い場所に入り込む
という性質ですから、一見して閉所恐怖症の人を
害するものではないのかと考える人もいるようです。

しかしながら、病院側もそうした状 況を
予測して、閉所恐怖症の人でもパニックに
陥らないような対策を講じています。

病院側の講じる対策 具体的には、まず問診時に、
閉所恐怖 症である旨を伝えることによって、
MRIをする際に十分な配慮をします。

安易な工夫では検査を乗り切れない!?

脳ドックとは、MRIの装置に頭部から 徐々に通していき、
その間に脳の内部を撮影するという性質のものです。

こうした装置自体が非常に狭い空間で あるがゆえに、
閉所恐怖症の人にとっては、とても苦痛なのです。

その際には、目を閉じてアイマスクなどで視界を
覆い、通常よりもさらに低速にして、
脳の検診を行う方途を取ります。

脳ドックは、通常は単に横になっているだけで済む
ことから、検査のなかでも特筆すべきほど楽な検査です。

しかも、脱衣するようなことも採血するような
こともなく、受け身になって検査していれば良いのです。

しかし、閉所恐怖症の人には、特段の 配慮をとるようにしています。 MRIの速度を落としたり、アイマスク をしたりするほか、耳栓もしてもらう ようにしています。 閉所恐怖症の人への処置をすることに よって、どのようになるか こうした処置をするだけで、閉所恐怖 症の人がパニック状態に陥るという最 悪の事態は免れますから、不安にから れることはないです。 閉所恐怖症の人であっても、このよう な対策を講じるだけで、何らの支障を 来すことはないのです。 ただ、このような処置をとっても、未 だ閉塞感を感じ、パニック状態を誘発 するような事態になるという人であれ ば、極めてレアケースではあるのです が、検査の方法を変更するようにして もいます。 たまにこのような人もいるために、病 院側としても平生からそれなりの配慮 及び対策を講じられるように不断の努 力をすることに吝かではありません。

もしかしたら、あなたも閉所恐怖症かも!?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

意外と閉所恐怖症だったというケースが存在します。

もしあなたが閉所恐怖症でないと思っていても
実際には狭い所に入って怖かったという
感想を持つ場合も否定できません。

閉所恐怖症で無いと思っていても、閉所や
暗所に入ってパニックになったと
言われる方は多々いるのです。

それが脳ドックの検査中に起こってしまったら、
もう検査どころではありませんよね。

脳ドックの検査はスムーズに終わらせたいですよね。

MRIに入ってパニックになっても遅い!?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

もし検査中にパニックになってしまった場合、
MRIの途中でブザーを鳴らして
中止してもらうしかありません。

ご存知の通りMRIは数十分かかります。

脳ドックでは時間をある程度かけないと画像を
撮ることも不可能になってきます。

せっかく脳ドックに行ったのに画像が
撮れなかったら、脳の診断ができる訳がありません。

基本的に脳ドックは予約制であるため、
事前に予約して都合をつけて来院するわけなので、
せっかく時間を作っても無駄になるだけなのです。

そんな時、今度こそはと思いオープン型MRIを
見つけて再度検査に行くのは大変な
手間になるに違いありません。

最初からオープンMRIでの検査を選択するのが最善策

m030351

『私は閉所恐怖症でないから問題ない』とは思わなくて
『もしかしたら閉所恐怖症かもしれない』と考えて
最初からオープンMRIで脳ドックを受けるのが
一番良い方法ではないかと思われます。

オープン型で脳ドックを受けて良かったという
反応はよくある話ですが、トンネル型で受けて
良かったという話はあまり聞いたことがありません。

以前はトンネル型MRIの方が精度が良かったという
話がありましたが、現在はオープン型の精度が
ずい分トンネル型MRIに近づき、画像診断の
コントラストの違いがなくなっているそうです。

精度の違いが無ければ最初からオープン型で
受けた方が良いに決まっています。

MRIを受けるにあたってオープン型がどうかは、
受診者が検査において把握しておくべき
ポイントの一つになりそうです。

オープンMRI

最重要!?まずは一度脳ドックを受けてみて!

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

脳梗塞や脳卒中などの病気はまるで晴天の霹靂のように
突然起こるものです。

脳のほんの少しの異変に気づくた
めに大切なのは、「脳ドックを受けること」。

倒れてからではもう遅いのです。

脳ドックを受け、脳の小さな変化に気付きましょう。

〇脳ドックの流れって?どんな検査を受けるの?
・頭部MRI検査
・頭部MRA検査
・頸部MRA検査
・頚動脈エコー

下の2つの検査はオプションになる事が多いようです。

精密な脳ドックを受けられるMRI検査って?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

精度の高いMRIを用いての脳ドックは、脳梗塞、
脳出血、脳腫瘍を早期に発見できる検査です。

くも膜下出血に繋がる症状の有無もわかります。

CTよりも精度が高く、小さな腫瘍でも見つける
ことができます。

〇MRIが苦手、という方に是非…!!

MRI、と聞いて一番に思い浮かぶのが、トンネル型
MRIでしょう。狭いトンネルの中に入るので苦手…
と感じる方も多いようです。

そんなトンネル型MRIが苦手という方におすすめな
のが、オープンMRIです。

オープンMRIは、全く新しい形のMRIで、
広く解放された場所で検査を受けることができます。

狭いところが苦手な方、小児やお年寄りでも安心して
受けられるのがうれしいですね。

脳ドックの時のMRA検査や頻度はどの程度?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

頭部の血管の様子を詳しく立体画像化し、調べる検査
です。脳動脈瘤のスクリーニングとして行われます。

〇脳ドック検査の頻度はどのくらい?

一度受けてみて、特に異常がないと診断された場合は
2年から3年に1回の検査で問題ないでしょう。

ただし、中高年の方、脳卒中の家族歴がある方、
高血圧の方、肥満な方、喫煙習慣がある方は、
毎年の脳ドック受診をおすすめします。

とにかく一度脳ドックを受けてみよう!

m030575

健康だから、自覚症状がないから、といって検査を
受けないのが一番危険です。

破裂しない限り自覚症状がほとんどない脳の病気、
だからこそ脳ドックこそが発見の唯一の手段、
となるんです。

なんらかの異常が発見されたとしても、
食事や運動で気をつければ発症を回避できます。

まずは自分のため、家族のために受けてみましょう!

閉所恐怖症の脳ドック!オープン型MRIを知らない!?

ws000291

オープン型MRIを知らない人が
思った以上に多いことが判明しました。

この度、脳ドックを知っている方
50名に対しアンケート調査を実施しました。

その結果が上のグラフになります。

50名中、なんと78%の方が
オープンMRIを知らないと答えたのです。

つまり、78%の方の内オープン型MRIを
知らない閉所恐怖症の方は脳ドックを
受けようと思わないという結論になります。

閉所恐怖症の方は10%という統計がありますから、
7.8%の方が脳ドックを敬遠している可能性があります。

この数字を高いと思うか
低いと思うかはあなた次第ですね。

脳卒中が原因で亡くなられる方はかなり多い!?

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

一方で脳卒中が原因で亡くなられる方は日本の
死亡原因の第4位、これは上位の順位だといえます。

脳卒中になられる方が多いのに閉所恐怖症を
理由に、脳ドックを受けることを
拒んでいることも考えられますよね。

実際に閉所恐怖症の方がオープンMRIでの体験談で、
MRIを受けることに恐怖をおぼえなかったという
感想もたくさん聞いています。

閉所恐怖症だからMRIが受けられなかったと
いうのはもったいない話なのです。

是非、オープン型MRIでの脳ドックを受けてみましょう。

脳ドックの必要性は絶対ある!?

ws000292脳ドックを受けてみようと50名中
いう方は26名で52%でした。

逆に脳ドックを受けようと思わないと
いう方は48%の24名でした。

この24名は多くは脳ドックに行かなくても脳卒中に
ならないと思われている方が多いと思われます。

しかし、現在恐怖症を持つ国民がおおく、
中には閉所恐怖症だから行きたくない
という方もおられると考えられます。

閉所恐怖症の患者の割合は10%程度とも言われて
いて、この数字を多いと思うのか少ないと思うのかは
あなた次第ですが、閉所恐怖症の方は開放感がある
オープンMRIで脳の検査をすればよいだけなのです。

また、国民の第四位の死因は脳卒中のため
自分は大丈夫なんて考えない方が良いです。

オープンMRI

なぜオープンMRIに注目しないのか!?

m030958

脳の病気が心配になっている方で
オープンMRIを知らない方はたくさんいます。

検査機器なんていちいち抑えていない方が多いのです。

脳ドックではMRIでの検査が主流になっています。

このMRIで検査をするということが分かっていても
オープン型を知らないという方はたくさん存在します。

なら閉所恐怖症の方はどうするのかと思われる
かもしれませんが、この様な場合には
検査をしないという選択肢を選ぶでしょう。

脳ドックを避けたばかりに脳卒中?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

閉所恐怖症だからといって検査を拒むなんてリスクの
高い事であることには間違いありません。

閉所恐怖症を我慢してまで脳ドックに
行こうとしている方も多いかもしれません。

まずはオープン型MRIの存在を
きちんと知っておきましょう。

オープンMRIの存在は閉所恐怖症の方が脳ドックを
選択する唯一の手段にもなりえるのです。

恐るべき脳卒中になるリスクは
どんどん避けるようにするべきなのです。

脳ドックを受けない選択肢は不要!

m010121

閉所恐怖症の方は閉塞型のMRIを嫌いますし、
閉所恐怖症でなくても脳ドックは必要ないと
考える方もたくさんいらっしゃると思います。

脳ドックを避けていると、本当に脳卒中に
なってしまったという結果にならないように
いち早く脳ドックを受けるようにしましょう。

脳卒中が関与して亡くなる
患者の数をあなたはご存知ですか?

日本人の死亡原因の第四位という高い順位は
あなたが脳卒中なんか全く関係ないという
結論にはつながらないはずなのです。

脳卒中になってから閉所恐怖症だから
脳ドックを受けなかったという
言い訳は通用しませんよね。

MRIを怖がらない!脳卒中を甘く見ない!

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

MRIを怖がる必要はないのと同時に
脳卒中を軽く考えないことが大事なのです。

普通は脳ドックではMRIを避けて通れません。

なら閉所恐怖症の方はどうするのか?

広々とした場所で脳を撮れるオープン型MRIで
恐怖感を抱くことなく脳ドックを受けるのです。

脳ドックのMRIはあなたが選ぶのです。

出来るだけ早めにオープンMRIで
脳ドックの検査を希望される方はコチラ↓

オープンMRI

狭いMRIは大っ嫌い!?脳ドックを諦める!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

わずか数十分の脳の検査を嫌がる、
めんどくさがる必要はないのです。

その数十分をMRIの検査に当てるだけで
あなたの未来が変わる可能性があります。

もしあなたの脳に脳卒中の因子があるのなら、
検査で把握し今のうちに手を打たなければなりません。

どうしてあなたは脳ドックに行きたくないのでしょうか?

理由と正解をあげてみました。

理由 正解
閉所恐怖症だから ×
時間が無いから ×
お金が無いから ×
健康だから ×
健診を受けているから ×

ほとんどの方が脳ドックに行かない理由を持っていると
思いますが、この中に該当するはずなのです。

しかし、これらの脳ドックに行かない
理由は完全に否定すことができます。

閉所恐怖症なら広いMRIで脳ドック!!

pl-2014291655789

オープンMRIで閉所恐怖症の問題を解決できます。

以前は狭いMRIで脳ドックの検査を受けて
いましたが、そのMRIをトンネル型MRIと言い、
我慢するしかありませんでした。

最近では、一人になるのが嫌な子供や、家族の
付き添いが必要な老人でも簡単に受けられる
オープンMRIが普及する時代になってきました。

狭い場所がどうしても嫌な方は意外に多いと聞きます。

狭いから脳ドックのMRIに入りたくない・・・

そう思われる方は、閉所恐怖症
である可能性が強いのです。

もうMRIの検査を我慢する必要はないのです。

パニックのトラウマなんて関係なくなります!

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

閉所恐怖症の方は狭い所に
入らなければ問題が無いはずなのです。

狭い所に対するイメージだけでなく、過去に狭い所に
入ってパニックになったというトラウマが
更にあなたの恐怖心をあおるはずなのです。

オープンMRIが設置されている病院なら、脳ドックに
行くかどうかで悩む必要がなくなりましたね。

現在も日本人の死因の第4位にあげられている
この脳卒中の予防は脳ドックを受けるしかないのです。

全ての病院でオープン型を採用しているわけではありま
せんが、恐怖を抱かないオープン型MRIで
できるだけ早く脳ドックを受けてください。

もしあなたがオープン型のMRIで
脳ドックを調べたくなったらこちら↓
オープンMRI

脳の健康を保つにはまず脳ドック!!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

ひと度脳卒中が発症すると、入院・リハビリと苦し
しい生活は避けれません。

比較的軽い症状であったとしても、手足に麻痺が出
るなどから、長期のリハビリを要することになりま
す。

脳卒中を未然に防ぐには、定期的な検診を受けるこ
とが一番です。

一般的な健康診断や人間ドックでは、血管まして脳
の血管の状態まで十分に把握することは叶いません

毎年は難しい場合は数年おきでも良いので、脳ドッ
クを受け脳の状態を把握しておくことが、脳卒中を
未然に防ぐことに非常に大切になります。

脳ドックの大切さと掛かる時間

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

脳ドックとは、人間ドックの脳に特化したものとイ
メージして良いと思います。

人間ドックでも自覚症状が無かった病気が見つかる
ことがあるのと同様に、元々自覚症状が出にくい脳
の疾患を診断する唯一の方法となります。

先にも紹介した様に、ひと度発症すると生活に大き
な影響を及ぼす脳卒中は、脳梗塞やくも膜下出血な
ど重い症状の場合には即、命の危険にも関わるもの
となります。

現在は検査から医師による診断まで、3時間ほどで
終わる様になっていますし、特に痛みや苦痛を伴う
ものでは無いことも、異常を早期に発見する為に脳
ドックをおススメするポイントです。

閉所恐怖症の方でも受けられるオープンMRI

pl-2014291655789

脳ドックで行われる検査は、主にMRIやCTスキャン
となります。

医師による診断は、それらの画像検査を元にしたも
のです。MRIやCTスキャンは、決して痛みを伴うも
のではありません。

とは言えトンネル型のMRIは、カンカンと頭に響く
音が聞こえる暗く狭いトンネルに入り続けなけるも
のであって、閉所恐怖症の方にとっては苦痛以外何
ものでもなく、検査に耐えられないケースも多々あ
ります。

現在は検査装置も進化し、「オープンMRI」という
装置があります。

もう暗く狭いトンネルに入らなくても、
脳の検査を受けられる時代です。

安心なオープンMRIで脳ドックを受けましょう

106834b6438f8e5b210f6fb3db50eda1_s

オープンMRIは、明るく開放感がある装置であるの
で、暗く狭い場所に入ると動悸や目眩が現れる閉所
恐怖症やパニック障害の方でも、安心して検査を受
けることが出来ます。

脳卒中は、身体の麻痺や言語障害など後遺症が残り
、更に再発のリスクを伴います。

これまで、暗く狭いトンネル型のMRIのイメージの
為に脳ドックを避けていた方にも、脳卒中を未然に
防ぐ為に是非オープンMRIを導入されている医療機
関での、脳ドックを受けられることをおススメしま
す。

オープンMRI

自覚症状のない脳卒中は、脳ドッグで予防する。

d7e784dc5b35f812d4028eff61263997_s

日本人の死因第三位となっている脳卒中。

麻痺などの後遺症をもたらしたり、急死につながり、
まだ若い働き盛りの世代にも多いため注意が必要です。

脳卒中という病気は発症してからの治療では手遅れで、
発症を防ぐ、という点がとても重要になります。

健康診断を受けているから大丈夫と考えている人も
多いかと思いますが、それは大間違いなのです。

健診だけで脳卒中の危険を発見するのは難しいのです。

脳卒中の危険因子を発見するための方法は?

m030962

脳ドッグという言葉を耳にしたことはありませんか?

脳や首の血管を調べ画像にすることで、脳卒中を起こす
可能性のある血管がないかを見つけることができます。

MRIやMRA、CT、頸動脈エコー等の検査がありますが
横になるだけでできる検査がほとんどなので、
苦痛を感じることなく、安心して検査を受けられます。

ただし閉所恐怖症の人にとってMRIを受けることは、
とても苦痛な検査になると思います。

だったらMRIに入るのをやめますか?

閉所恐怖症の人でも受けられるオープンMRIとは?

pl-2014291655789

従来のMRIはトンネル型の閉塞した空間なので、
閉所恐怖症の人や子供は検査が難しかったのですが、
オープンMRIは広く開放した環境で検査が可能なので、
多くの人がMRIによる画像診断を受けられます。

だいたい15~30分で検査が終わります。

閉所恐怖症でMRIが受けられないと諦めていた人は、
一度オープンMRIを検討してみると良いでしょう。

オープンMRIはどんなものなのでしょうか?

開口部が大きく、筒状でないため恐怖感が少ない。
オープンなので検査技師の顔が見え安心感がある。

従来の物より検査時の音が小さい。
磁場が強く質の高い画質が実現。

脳ドッグで異常が発見されたらどうすればいいでしょう?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

画像検査で脳動脈瘤や閉塞しそうな動脈が発見されても、
すぐに悪化することは少ないため経過観察になります。

食事や運動などの生活習慣を改善することで、
高血圧や動脈硬化などの進行を抑えることができれば、
特別な治療をしなくても発症の予防が可能なのです。

高血圧・肥満・糖尿病・家族に脳卒中の人がいる等の
危険因子のある人は、自分の脳の状態を知ることが大切です。

40歳を過ぎたら一度脳ドッグを受けてみてください。
新オープン

閉所恐怖症でもMRIに入れる秘訣!!

m030079

脳梗塞をMRIで早期発見し健康を維持する脳梗塞と
言うのは、脳に血が溜まり起こる病気です。

高齢化と共に発症率が高くなり脳の血管の中で
血が溜まり、脳が炎症を起こして死亡する事も。

しかし早期に前兆を発見、対処すれば大丈夫な
病気でもあり、早期の発見には脳の中を
調べられるMRIでの検査が必要になります。

でもMRIは閉所恐怖症の人は使い辛い装置です。

しかし怖くないオープン型のMRIが登場しました。

これがあれば閉所恐怖症の人でも怖がらずに
安心して検査が出来るようになります。

脳梗塞をMRIとMRAで発見するには

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳梗塞を早期発見するには、脳外科で検査を
行いそして検査の結果で脳の血管が詰まり
やすいのかどうなのかを確認していきます。

MRIのある脳外科は多いので、自分で調べて
まずは近くの脳外科クリニックを予約します。

しかし閉所恐怖症の人は通常のMRIでは無く
オープン型MRIのある所を探す必要があります。

ホームページに明記してある病院もありますし
明記が無くても電話で確認はしておきましょう。

脳の内部を検査するだけなので時間はかからず
病院によってはすぐに検査が終わります。

脳梗塞の前兆を知っていたら

m030962

早期発見に繋がるどんな病気でも大事になる前に必ず
前兆があり脳梗塞の場合にもそれは身体に現れてきます。

脳梗塞は脳の一部がマヒして行く病気ですので、
顔の半分くらいがマヒし歪んで来たら前兆です。

他にも失語症のような症状が現れたり、手足の片側だけが
マヒしたり、片目が視力を失い見えなったりもします。

1番多い前兆は口の動きが上手く行かなくなると
いうもので水が上手く飲めない、言葉に詰まる、
さらに呂律が回らないと言った具合です。

この前兆が現れ始めたら脳梗塞を疑って、
脳外科などでMRI検査をしてもらいましょう。

脳梗塞以外にも発見できる病気は多いMRIやMRA

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_sMRIやMRAでは他にも病気を発見出来ます。

脳の病気はもちろん、身体全身の細部まで
検査が可能なので病気を見つけやすいです。

閉所恐怖症でMRIは苦手と思ってた人は
ぜひオープン型というMRIを試して自分の
身体や健康を検査してみてはどうでしょうか?

新オープン

閉所恐怖症で泣く必要はない!オープンMRI!!

pl-2014291655789

脳ドックはあなたももう分かっていますよね。

定期的に受けている方も最近は多いのです。

実は、脳ドックもこの人間ドックと同じ位に重要な検査
なのです。

この脳ドックは、その前兆を大きな病気の前兆だと
いうことが分かりづらい頭の病気を発見し、
早めの処置を導き出す検査なのです。

また、脳の検査を受けてほしい方は、血圧が高い方や
糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が気になる方、
家族など身近な方に脳の病気を発症したことがある方です。

年に1回の脳の総点検で、脳の血管がどのような状態に
あり、突然のリスクを回避できればその後の人生に
大きなメリットとなります。

静かな病は突然にやってくる

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

このような脳ドックでどんな病気が防げるのかという
疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、
実はごくごく身近で、耳にしたことがある
大きな病の点検に効果を発揮します。

この脳卒中には、脳の血管が狭くなることによる脳閉塞、
脳の血管が破裂する脳出血やくも膜下出血など様々な
症状があります。

また、このような脳卒中を含めた脳血管の病気である
「脳血管疾患」は日本人の死亡原因の第4位
(平成26年、厚生労働省調べ)であるとともに、
仮に最悪の事態を免れても日常生活に大きな支障を
きたす障害を残し、リハビリにも長期にわたって苦しみます。

このような病気の大きな脅威は、静かにやってきて
ほとんど自覚症状がないまま進行するのが特徴です。

脳ドックで検査してみようという気持ち!!

m030009

脳血管障害を確認するには脳ドックがベストなのです。

脳ドックでの検査は基本的に、MRIやMRA、CT
などを中心にした画像検査なのです。MRI
(磁気共鳴画像)は強い磁気で脳を映し出し脳を縦や横、
斜めなどの色々な方向から断面画像を撮っていきます。

CTに比べ鮮明な画像を映し出す検査なのです。

この、MRIでは閉塞した環境で過ごすことが
必要で、閉所恐怖症なら、オープンMRIの
設置の病院を選べば良いのです。

オープン型MRIの検査費用はトンネル型と変わりません。

また、人間ドックと同様に脳ドックに関しても自治体に
よっては一定の助成制度がある場合がありますので、
事前に把握しておくと良いと思います。

新オープン