オープンMRIではどうして恐怖が無い!?

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

☆基本です!脳ドックの重要性とオープンMRI

脳ドックは脳卒中やその他の脳疾患を早期発見、
早期治療ができる検査となっております。

脳疾患は発症してからでは遅く、手遅れになって
しまう可能性もあります。

人間ドックと同様に脳ドックも必要な検査だと
なっております。

脳ドックの検査の特徴は、人間ドックと違い
脳の細部までCTスキャンやMRIを使用して
画像診断を行います。

また、閉所恐怖症の方などMRIに入ることが
困難な方にオープンMRIというのも存在します。

驚異の発見率!オープンMRIでの検査!

pl-2014291655789

脳ドックを受けるのには、MRIに入ることが前提と
されております。

しかし、閉所恐怖症や認知症、小さな方などには
あの狭い空間は耐えることができません。

そのような方にオープンMRIは力を発揮してくれます。

従来のような狭い空間で長い時間検査されることが無く、
広い空間でMRIの検査が受けることができます。

オープンMRIは今まで脳ドックに行きたかったけど、
行くことに躊躇していた方に、ぜひ試して頂きたいと
思います。

不安にならないで!オープンMRIの性能は?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

従来のMRIとオープンMRIの性能は、大差ないとは
言い切れません。

やはり、従来のMRIでの画像診断のほうが、解像度
などは優れています。

しかし、オープンMRIも従来のMRIと同じになるように
現在も研究が重ねられております。

オープンMRIでは、従来のような長時間ドームの中に
入ることは無く、所要時間は約15分から30分程で検査は
終了します。

オープンMRIの重要性は知らないと損!?

m010501

狭い空間に入ることが困難な方にとって、このオープン
MRIでの検査は、命を繋いでくれる機器といっても
過言ではありません。

冒頭でもお伝えしました様に、脳疾患は発症する前に
予防や治療するのが大切となっております。

オープンMRIを使用した、閉鎖されていない空間での
脳ドックの検査は、受診しやすくなってきております。

脳内の現状の把握や、健康状態の確認をすることは、
毎日を健康に過ごす!という事と直結してきます。

脳ドックに恐怖を感じている時には、このオープンMRI
の存在を覚えておいて下さい。

オープンMRI

MRIの構造は一つではない!閉所を怖がらないで!

m030423

MRIの構造でオープンMRIが存在します。

このMRIは広く、明るい状態で検査を
することができるのが最大の特徴なのです。

意外とこのオープンMRIの
存在は知られていないのです。

もし、あなたが閉所恐怖症で苦しんでいて、
MRIを拒んでいるのならこのオープン型
MRIで検査を受けると恐怖心なく
受けることができるのです。

閉所恐怖症の方には朗報ですね。

形が違っても検査性能は変わらない!?

pl-2014291655789

脳ドックに限らずMRIを
必要とする検査は多いのです。

しかし、「オープン型MRIでの検査は大丈夫なのか?」
なんて疑問を抱く方も多いかもしれません。

オープンMRIでの検査が従来のMRI(トンネル型)
よりも制度が劣るのであるなら
検査を受ける意味がないですよね?

ご安心ください。

オープンMRIの検査性能は
しっかりしたものなのです。

もしきちんとした性能でないのなら
医療機器として認可されていませんからね。

閉所恐怖症だからCTで代用!?

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s

もし閉所恐怖症ならCTで脳ドックを
受けたいと思っている方も多いかもしれません。

最近はマルチスライスCTで性能の
いいものも医療機関に存在します。

しかし、まだまだ脳ドックでは
MRIが主流となっています。

脳の検査の時のコントラストに
MRIが優秀だからという理由なのです。

CTは脳出血の時に救急で診察しない時などに
向いていますが、脳ドックなどで検査する時
などは、脳血管障害などの異常を見つけるのに
MRIが多用されるのが現在の状況なのです。

閉所恐怖症の方でもMRIの
脳ドックを選ぶべきなのです。

閉所恐怖症の治療や検査機器の選択など考えない!

327a82681e194997655f811bc13502db_s

閉所恐怖症を心療内科などに通って
治してからなんて考える必要などないのです。

治すまでに時間がかかるので閉所恐怖症の
治療を考えるよりは、出来るだけ
早く脳ドックに行くことを考えてください。

検査機器は先ほども述べましたが
MRIを選ぶのが無難です。

単純に考えてほしいのですが、オープン型MRIを
選び恐怖なく脳ドックを受けてほしいと考えています。

脳ドックを避けて第4位の死亡原因の
脳卒中にならないように
今後は脳ドックによる検査を受けましょう。

新オープン

不安になる必要のないオープンMRIの精度

m030734

オープンMRIの検査は、30分程度入って頂くだけなので
閉所恐怖症の方でも、30分の検査時間が“恐怖”では
なくなる事は、別ページにてお話しましたね。

閉所恐怖症だからと検査を後回しにすれば、脳卒中を
起こし後遺症に悩ませられるわけですから、恐怖心無く
30分の検査で、予防と死へのリスクを軽減できる事は、
とても喜ばしく家族にとっても嬉しい事です。

しかしながら、トンネル型とオープン型とで比べると、
オープン型の方が検査結果が劣っているのではないか?
と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

『恐怖心が無くなり、検査精度が鈍る』ではお門違い。

性能次第!?オープン型MRIで是非脳ドック検査!

m030079

トンネル型MRIと比べてオープン型MRIのほうが、性能
が劣るのではないかと、不安や疑問をもっている方も
いるのではないでしょうか?

誰でも形が変わる事で、性能に疑問を抱く事がりますが
オープン型MRIとトンネル型MRIの違いは内部の部品
にあり、検査結果の差は無いと言えます。

したがって、閉所恐怖症により脳ドックをためらってい
る方でも、オープン型ならためらう必要はありません。

恐怖心無く受けられ、MRI自体の性能も良いとなれば、
今後閉所恐怖症の方の脳梗塞や、脳出血の罹患率が減少
していく事は間違いありません。

じっとできない人に最適!オープン型MRI

dab349bd2da8ab89dbe47313eeda452e_s
オープンMRIは、閉所恐怖症の方以外にも、じっとして
いる事を得意としない、小児や老人にも適しています。

閉所恐怖症以外にも、狭い所に入る事への不安を抱きや
すいのは、小児や老人も同じで、小児に至っては一人で
トンネル型のMRIに入り、家族の顔が見えなくなる事へ
の不安は、拭い切ることが難しいのです。

しかしながら、“オープンMRI”なら、家族が付き添う
事も可能ですし、開放的にMRIを受けて頂く事がで
きるので、本人も家族も安心して受ける事ができます。

オープンMRIの、開放的で安心できる脳ドックを受けて
病気の予防、後遺症や死へのリスクの軽減に本人や
家族が積極的に努めていきましょう。

新オープン

脳ドックのオープンMRIの精度は高い!?

m010213

オープンMRIは閉所恐怖症の方にも安心です。

たった30分程度入るだけで
検査はあっという間に終わるのです。

脳卒中を起こした場合、後遺症に
悩まされる日々が続きます。

また、大変なリハビリも待っています。

30分程度のMRIの検査で後遺症を予防し、死の
リスクを軽減できるとしたら、閉所恐怖症の
方にはうれしい話ではないでしょうか。

とはいえ、トンネル型に比べてオープン型は検査結果で
劣ると不安に感じている方も多いかもしれません。

『恐怖はなくなってしまっても、脳ドックの
検査精度は落ちる』では考えものです。

高性能のオープン型MRIで検査をしよう!

m010483

オープンMRIの性能はたいしたことないと
思われている方も多いでしょう。

性能に関して疑問を抱くのは、誰にでもあることです。

ただこのオープンMRIの性能の心配はいりません。

オープン型MRIとトンネル型MRIでは内部の部品に
多少の違いはあれど、検査結果に違いはありません。

ですので、閉所恐怖症の方も安心してオープン型
MRIでの脳ドックを受けることができます。

高性能のMRIで、恐怖心が消えるのならば
閉所恐怖症の方の脳梗塞や脳出血の罹患率は
この先減っていくことになるでしょう。

落ち着いていられない人向けのオープンMR

pl-2014291655789

閉所恐怖症の方は当然ですが、それ以外の方でも
オープンMRIを使用するメリットがあります。

例えば、老人や小児は、閉所恐怖症でなくても、
狭い所ではつい不安になりがちです。

特に小児にとって、一人でトンネル型に
入るのは恐怖でしかないでしょう。

その点で言えば、オープンMRIは、家族の付き添いが
許されているので、安心してMRIを受けることができます。

脳卒中や脳出血、脳梗塞などを起こし、後遺症に
悩まれている方は大勢いますし、看病する家族も
また大きな負担を背負うことになるのです。

そうならないためにも、脳ドッグによる
検査はしっかりと受けるべきです。

オープンMRIでの検査はコチラ↓
新オープン

オープンMRIは普通のMRIに比べて劣るのか?

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

もしあなたが閉所恐怖症であればオープンMRIという
選択肢があるなら数十分で検査を完了することが
出来ます。

これは非常に朗報と言えるでしょう。

今までのトンネル型のMRIの数十分間の検査が
閉所恐怖症の方にとってはとても辛い時間でした。

しかし、その恐怖を味わなくて済むのが
オープンMRIのメリットです。

もし脳卒中になってしまうとその後のリハビリに苦労しま
すが、オープンMRI で脳の検査をすることによってその
ような脳の病気の後遺症を防ぐことが出来ます。

同時に脳卒中などの大きな病気からも守られ、死のリスク
を減らすことが出来るのは、今まで閉所恐怖症ゆえに
MRIを受けてこなかった人に非常に良いニュースです。

しかし不安点として、もしかしたらオープンMRIは従来のトンネル型
よりも精度が落ちるのでは?と考えておられる方も
いるのではないでしょうか?

オープン型MRIの精度はどれくらいなのでしょうか?

m030575

オープンMRIはトンネル型に比べると
性能が落ちると思っておられる方も確かに多いです。

そのように疑問を持つことは自然です。

確かにオープンMRIとトンネル型MRIでは使っている
部品は違いますが検査結果に差はありません。

ですから、閉所恐怖症の人はMRIをさけたり、
我慢してトンネル型MRIで検査するのでなく
是非オープン型MRIで検査することをお勧めします。

今までトンネル型MRIゆえに脳ドックを避けてきた方
にとってオープン型MRIで同じ精度の検査が出来るので
そのような方の脳の病気が減ることを期待しています。

オープンMRIを他にも利用してほしい方

7ae68afc7dadec2d56666708db55cde6_s

閉所恐怖症でなくともオープン型MRIを使用して
ほしい方がいます。それは老人や子供です。

これらの方は閉所恐怖症でなかったとしても
トンネル型のMRIのように狭いところはなんとなく不安
に感じてしまうものです。

しかしオープンMRIなら家族も付き添うことが出来ますので
より安心して、MRIを受けることが出来ます。

もう、MRIの孤独感を気にする必要はなくなってきたのです。

オープンMRIで脳ドックを受けてみたい方はコチラ↓
新オープン

昨今のMRI事情について

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

MRIは体内の断層を撮影し、脳卒中などの病気につい
て検査出来る装置です。

以前よりMRIは閉所恐怖症の方が利用できないという
課題がありました。

それは、閉所恐怖症の方は脳卒中などの死亡率の高い
病気を未然に防ぐことが出来ないことを意味します。

今では、オープン型MRIという空間的に開けた
MRIがあり、閉所恐怖症の方で
も、30分あれば検査は完了します。

閉所恐怖症の方が今までMRIを要する検査を受けれ
なかったことを考えれば、オープン型MRIの存在は
非常に大きなメリットです。

これまで放置せざるを得なかった脳卒中などの死亡や
後遺症に繋がる病気のリスクを低減出来る事は、
閉所恐怖症の方には朗報と言えます。

オープン型MRIはトンネル型MRIに劣らないか?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

ところで、オープン型のMRIは従来のトンネル型
MRIと比べ、被験者を取り囲む部分が減っているの
で、検査精度が落ちるのでは?と疑問に思う方も居
るかもしれません。

オープン型MRIとトンネル型
MRIは見た目のとおり、構造が違います。

もし、同じ機械の形を変えただけなら、性能は落ち
ていたでしょうが、内部の部品は異なる物を用いて
おり、結果的に、オープン型MRIはトンネル型
MRIと同等の検査精度を有しています。

したがって、トンネル型MRIで検査できなかった
閉所恐怖症の方は、安心してオープン型MRIで
検査して頂ければと思います。

そうすることで、閉所恐怖症の方も脳梗塞や脳出血を
未然に防ぐことが可能となります。

子供やお年寄りの方にも優しいオープン型MRI

7ae68afc7dadec2d56666708db55cde6_s

オープン型MRIは閉所恐怖症の方だけでなく、子供
やお年寄りの方にも優しい装置です。

そもそも、狭い所は誰でも不安を感じるものなのです。

子供は精神的にも未熟なので、見知らぬ部屋でトンネル型
MRIの狭い空間に入れられると、非常に怖がります。

お年寄りの方も個人差はありますが、
精神的に脆くなる傾向にあるので、子供と同じよう
に怖がられることもあります。

しかし、オープン型MRIであれば、空間は開放
されていますし、検査を受ける者から見える所に
家族が立ち会うことで、より一層安心して検査を
受けることが出来ます。

今までMRIの脳ドックを躊躇っていた方はコチラ↓
オープンMRI

精度もしっかりとしたあなたの味方のオープンMRI!

106834b6438f8e5b210f6fb3db50eda1_s

狭いところが苦手な人は、オープンMRIに
入って30分ほどの検査で済むのです。

いざ、脳卒中などの病気にかかってしまいますと
ずっと、 後遺症に悩まれることになるのです。

ですから、わずか30分の オープンMRIの検査で、
これらの病気のリスク軽減となるのです。

オープンMRIは、閉所恐怖症を感じることもなく、
後遺症の予防、死のリスクの
軽減が出来るということです。 

でも、この オープンMRIの検査では
トンネル型に検査結果ほどの検査ができないのではと
考える方も多いかもしれません。

『検査精度があまり精密でないのでは
と』考えられるかたも多いかも知れません。

性能も良いオープンMRIで是非検査

pl-2014291655789

オープンMRIは、検査精度があまり精密でないと
思われている方が多いかもしれません。

しかし、この疑問は、杞憂です。

オープン型MRIとトンネル型MRIは内部の部品に
違いがありますが、検査結果に差はないのです。

ですから、狭いところが不得意という方も
オープン型MRによる脳ドックを
躊躇する必要がありません。

オープン型MRIの使用によって閉所恐怖症の方も
脳障害の伴う脳梗塞、脳出血の罹患率が減少することは
確約することができます。

体を動かしてしまいがちな人にもオープンMRI

m030079

老人や小児の場合は閉所恐怖症でなくても
狭いところに入るのは不安を持つことが
多いです。

このようなときでも、オープンMRIは
不安を取り除くことができます。

なぜならば、 小児、老人に家族
が付き添うこともでき、安心して
開放的にMRIを受けることが出来るからです。 

是非、脳に対するリスクを減らすためにも
オープンMRIで脳ドックを受けましょう。

怖い脳の病気、脳ドックが未然に防ぐ!

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

日本人の死亡原因の第4位は脳卒中となっています。

脳卒中は、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞や、
血管が破れてしまう脳出血、動脈瘤が破れる
くも膜下出血がよく知られています。

早期に発見すると、言語障害や麻痺などの後遺症が軽く済む
ことがある一方で、一度、脳の病気が進行すると、特に
くも膜下出血はたったの数時間で死に至ることがあります。

発症する前に脳ドックを受けると自覚症状のない脳梗塞
(無症候性脳梗塞)をはじめ、未破裂動脈瘤、
脳腫瘍、認知症などの早期発見に繋がります。

脳ドックが特に有効なのは、未破裂脳動脈瘤の発見です。

ほとんどの人は無自覚のまま、自身の異変に気づきま せん。

唯一、脳ドックによってくも膜下出血を発症
することを未然に防ぐことができるのです。

40代以上の方は、積極的に受けたい検査の一つです。

閉所恐怖症の方におすすめ、オープンMRI

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

そもそもMRIと言えば狭いトンネルの中に
全身すっぽりと入って、数十分その状態を
維持しなければ検査にならないのです。

閉所恐怖症の方は、勇気を出して入ったが最後、
終始パニックに陥ることは想像に難くありません。

そこで狭い場所が苦手な方に
おすすめなのが、オープンMRIです。

従来型の超電導磁石によるトンネル型は、
コスト面からトンネル型にせざるを得ないのに対し、
オープン型MR Iでは永久磁石が使われており、
開放的なデザインが可能となりました。

オープンMRIの性能や特徴は閉所恐怖症ピッタリ

m030079

形は、大きなホチキスのような形状を
しており、密閉された空間ではないので、
従来型のような圧迫感を感じることがありません。

ベッドに寝たままオープンMRI
の間に体を滑らせていく感覚です。

自分の体の上部にだけ機械装置が見えますが、
周囲の景 色や光を視覚で感じるので、
閉塞感とは無縁の造りとなっています。

もちろん付き添いの方についてもらうことも可能ですので、
初めての場所でママの姿が見えないとパニックに
なってしまう小さいお子さんでも安心です。

閉所恐怖症とまではいかないまでも、狭いところが苦手
な方や、付き添いが必要な高齢者の方にも最適です。

オープンMRI、従来型との精度の差は?

pl-2014291655789

従来型トンネルタイプは画像が綺麗に撮影できるのですが、
オープンMRIでも医師が診断を違えることはありません。

脳であれば、オープンMRIで十分、診断に必要不可欠
な情報を得ることが出来るのです。

トンネル型に恐怖を覚えてMRI検査を避け続ける
よりは、オープン型のMRIを導入している医療施設を
探して脳ドックを受けるのが得策と言えます。

閉所恐怖症の方でも安心して受けられる脳ドック、
それがオープンMRIです。

恐ろしい脳の病気を防ぐために、ぜひ、
一度予約されることをおすすめします。

新オープン

オープン型MRIはとても広々!脳ドックは怖くない!

1b58b088e361a5635420385dd01e4347_s

MRIといえば、狭いところに押し込められる検査、
というのが、これまでのイメージでした。

でも、そうじゃない検査もあるんです。

それが、オープンMRI。

閉所恐怖症の人にとってMRIは、
これまでできれば受けたくなかった検査。

でも、そんな人でも安心して受けられます。

これまでよりも広いところで30分の検査、
これなら閉所恐怖症の方でも大丈夫。

これで、万が一脳卒中などの緊急事態になっても、
恐怖を感じずに命の危険を減らすことができますね。

オープンMRIの検査精度も安心!?

m010343

オープンMRIは、閉所恐怖症でも受けられます。

それはすごいメリットですが、
肝心の検査制度はどうなんでしょう?

実はオープンMRIでも従来のトンネル型のMRIでも、
検査精度に差がないのです。

二つの検査機器の違いは、部品構造の違いだけ、
結果に差がないように作られているのです。

これで、どんなに狭いところが怖くたって、
脳ドックも安心して受けられます。

これまでは狭いところに閉じ込められるのが嫌で、
高度な検査に二の足を踏んでいた方も、
今後は脳卒中を起こす前に、
検査でリスクがわかるようになります。

これからはMRIが苦手な方の脳卒中の罹患率も、
変わってくるのではないでしょうか。

どんな方にもお勧めのオープンMRI!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

小さなお子さん、健康状態の悪いお年寄り、
じっとしていられない方にオープンMRIは向いています。

子供の場合、ただでさえ、自分の健康状態が不安なのに、
親と離れて狭いところに閉じ込められるので、ものすごい
恐怖を抱きがちなのが、従来のMRI検査でした。

でも、オープンMRIなら、家族の付き添いが可能なので、
それだけでも安心して検査を受けられます。

同じことが、付き添いが必要な
お年寄りにも言えるでしょう。

検査を受けること自体に不安を抱きやすい方、
そんな方でもちょっとは安心できる検査、
それがオープンMRIの大きなメリットの
一つであるのは間違いありません。

MRIが苦手で脳ドックを受けるのが憂鬱な方、ぜひ
オープンMRIで検査を受けることをお勧めします。

脳ドックのオープンMRIはどの位の精度なの?

m030079

閉所恐怖症の方は、狭いところが苦手ですが
オープンMRIならば30分程度で終わります。

オープン型は開放感があり、30分が怖い時間ではない
ということが閉所恐怖症には利点となります。

もし脳卒中が発生してしまうと後遺症が発生してしまう
ことがありますし、30分の検査で予防できるという
ならばこれは大きなメリットであると言えます。

しかし、オープン型がトンネル型と比較をして
検査の精度で劣っていると考える人も多く居ます。

怖くは無いけど精度が低いのでは困ります。
検査をするのですから正しい結果を出すべきです。

オープン型MRIの性能は非常に高い!?

pl-2014291655789

オープン型のMRIがトンネル型と比較して
低性能であると思っている人は多いものです。

自分が使う機械なので、その性能が気になるのは仕方が
ないことですし、オープン型とトンネル型では
使用している部品に違いがあります。

しかし、それにより性能に差が出てしまうということは
無いと言えますからから検査結果において大きな違いが
出ることはありませんので閉所恐怖症の方はオープン型
を利用することが好ましいと言えます。

閉所恐怖症の方は性能の良いオープン型を利用する
ことで今後の脳梗塞や脳出血の羅患率が減りますし、
早めの検査が自分自身を守ることにつながります。

動いていない状態は苦手な場合のオープンMRI

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

閉所恐怖症の方以外でもオープンMRIは利用できます
し、その対象となるのが老人や小児などです。

この両者は閉所恐怖症ではない場合でも狭い場所が
苦手で恐怖を抱いてしまいやすいのです。

小児は特に親元を離れてトンネル型に入ることで
恐怖を覚えてしまうことがあります。

ですが、オープンMRIならばこのような人々に
家族が付き添うことが出来ますので、不安を
感じずに安心して検査を受けることが可能です。

このようにメリットの有るオープンMRIを利用して
脳ドックを受けることがお薦めですし、オープン型
は安心して利用できるものです。