死亡率が第一位!岩手県の脳卒中対策はどうなの?

ff9a447d8711bb84f2b0b2154cf0107c_s

閉所恐怖症のオープンMRIに対する意識は22位、
脳卒中で亡くなる率が、1位なのが岩手の特徴です。

脳卒中で亡くなる可能性が一番高いのが
岩手県であり、オープンMRIに対する認識は
まずまずといったところでしょう。

死亡率がランキング1位という結果はたまたま
トップであったという考え方をする方が
非常に多い気がします。

しかし、都道府県が47あり一番の岩手県と
最も良かった沖縄県、の10万人当たりの
脳卒中での死亡率はそれぞれ89名、30名でした。

上位と下位では死亡率が全く違うのです。

岩手と沖縄では3倍も死亡率が違うので、岩手県は
とても 気を付けなければいけない県であるのです。

岩手県が脳卒中になる理由とは!?

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

・岩手県民は塩分摂取量がとても高い
・岩手はBMIがかなり高く
動脈硬化が進みやすい可能性がある
・全国的に喫煙率が非常に高い
・一日歩行数からも運動不足の傾向が高い
・岩手県民はオープンMRIを多少知っている

この岩手県はかなり生活習慣、運動、
嗜好品などにおいて見直す必要が最も高い県で
あることは誰もが否定できない事なのです。

更に外気温が低くなる岩手県では温度差による
脳卒中の発症には強い注意が必要になってきます。

最下位の沖縄よりも3倍も高い岩手県は
少しでも死亡割合を下げるようにしたいところです。

岩手県のオープンMRI事情はどうなっている?

pl-2014291655789

どのエリアに住んでいても閉所恐怖症なら
オープンMRIを見つけて脳ドックによる
検査を速やかに受けるべきなのです。

岩手県民のオープンMRIでの
検査率はそんなに高くないのです。

人口が集中している首都圏に比べ岩手県は
それほどオープMRIは無いでしょう。

岩手県では盛岡市、北上市などではオープンMRIで
検査できる脳ドックがあるみたいです。

一度、閉所恐怖症の岩手県の方は盛岡市、北上市などで
脳ドックを受けていただきたいと思います。

東日本大震災で大変苦労もされている方も多いと
思いますが、ストレスも脳卒中の発症原因の一つです。

コメントを残す