死亡率中盤の香川県はもっとMRIにも注目しよう!

e748d66df673bd944ea01dab908f45ae_s

脳卒中の死亡率ランキングが25位の香川県は
全国的にみてもちょうど中間くらいだと思います。

オープンMRIの検索率に関しましては30位ですので
全国的にはあまりよくない方ということになります。

香川県民で狭い所や暗い所を避ける思考はどうかと
言うと、オープンMRIで脳ドックを予約するという
選択肢があまりないですが、脳卒中での死亡率に
関しては全国平均並みということになります。

しかし、閉所恐怖症の方は認識があるものの、
いまいち脳梗塞や脳出血を回避できていないのが
香川県の特徴ではないでしょうか。

香川県にも開放的に受けられる脳ドックは
必ずあるので閉所恐怖症である人こそ
もっと気軽に脳ドックを受けてみましょう。

香川県の脳卒中の事情はこれだ!!

ef3aefd45f52c64613b3c3c3bbb8d94e_s

・香川県の一日塩分摂取量はやや少ない
・香川県のBMIは高い
・香川県の歩行の一日数は普通
・香川県の喫煙率はやや低い

BMIが高いのは気になるところですが、他の
脳卒中の危険因子はそこまで気に
しなくても良いのが香川県の特徴でしょう。

しかし、塩分摂取量は全国ランキングで
低目といっても、日本人自体がもともと
塩分の摂取量が高いため、香川県も
これで良いということにはなりません。

塩分に関しては香川県だからというよりは日本だから
という理由で摂取量には注意が必要となってきます。

BMIは一つの指標としてオープンMRIへ行こう!

pl-2014291655789

BMIと脳卒中の関連は否定できる
データもあると言います。

しかし、日本で一番脳卒中を起こしやすい東北地方は
BMIが非常に高い傾向があり、四国地方・香川県も
同様に注意が必要かもしれません。

BMIは二次的に動脈硬化を促進する
かもしれないので、気を付けるべきなのです。

香川県の閉所恐怖症の方はもっとオープン
MRIという存在に対する認識を
深めて脳卒中の予防をするべきなのです。

香川県は丸亀市や高松市にもオープンMRIで
検査を受けられる脳ドックが存在するみたいですね。

比較的、脳卒中を起こしやすい香川県の
皆さんは早めに脳ドックの検査を受けましょう。

コメントを残す