鹿児島県民はやや危ない!開放型への意識はややある!

9eb2929999c4b109dd1b9f5d0d6c83c1_s

鹿児島県の脳卒中で亡くなられる方の割合は都道府県
毎の順位で13位、閉所恐怖症の開放型の
MRIに対する検索率はランキング13位でした。

順位がともに13位というのは珍しい事ですが、
死亡者率に関しては、かなり高い部類ですね。

これらの事から言えることは、鹿児島県民は
脳卒中での死亡率が高く、同時に閉所恐怖症の
方はMRIの構造が開放型であることを
望んでいるということが予想されます。

オープンMRIを好んで脳の検査を受けてみようと
考えているけれど、もっと脳卒中を予防するために
脳ドックで実際に検査を受ける意識も強めた方が
良いのが鹿児島県民ではないでしょうか?

鹿児島県の脳梗塞や脳出血を起こす要因はこれだ!

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

・鹿児島県のBMIはやや高い
・一日塩分摂取量はやや高い
・鹿児島県民の運動量は平均的
・鹿児島県の喫煙率はやや低い

鹿児島県はBMIが高いのと、塩分摂取量が
高いのもあり、食生活において
見直しをした方が良い県かもしれません。

食生活の改善は難しいかもしれませんが、
脳卒中の予防において大変重要なことなのです。

日本でトップの脳卒中の死亡率である岩手県も
同様にこのBMI、塩分摂取量が高い県です。

喫煙率が低いのは、鹿児島県が脳卒中で
亡くなる率が高いので、予防のために
意識が働いているのかもしれません。

鹿児島県でトンネル型MRIを回避する方法とは?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

トンネル型以外でのオープン型
MRIを鹿児島県で見つければいいのです。

オープン型MRIで検査をしてくれる脳ドックの予約は
鹿児島県でどのように探せばいいのでしょうか?

鹿児島県という地理上、人口密度も低いわけで、
都心に比べたら脳ドックの数も相当に少ないはずです。

閉所を嫌う鹿児島県民はそれなりにMRIに
対する意識が高く、オープンMRIを探す
術を持っていると思います。

しかし、オープンMRIで実際に検査を受けている
鹿児島県民はそれほどいるとは考えられません。

鹿児島県では鹿児島市吉野にオープン
MRIを設置している病院があるみたいです。

脳の検査を希望される場合には一度確認されて
検査の予約をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す