宮崎県民は脳梗塞や脳出血を起こしやすいのに・・・

9d04e5d8db755d982e10867b342b4fc8_s宮崎県は全国の脳卒中での死亡率ランキング
17位であり、閉所恐怖症の
アクセス率31位という順位でした。

脳卒中での死亡率は高めの順位で
ありながら閉所恐怖症の意識は低い
というのが宮崎県の特徴になります。

このことは宮崎県民で閉所恐怖症の方が
脳卒中になりやすいという結果に繋がります。

閉所恐怖症の方が脳ドックを受けるということは
宮崎県の場合非常に少ないのではないでしょうか?

また、宮崎県の閉所恐怖症の人々は開放的に受けられる
MRIの存在に気づいていないのではないでしょうか?

宮崎県の脳卒中の危険因子の特徴とは!?

・宮崎県民のBMIは結構高い
・宮崎県の食塩摂取量はかなり多い
・一日歩行数からの推測で運動量は平均的
・宮崎県民は喫煙率は結構高い部類に入る

喫煙率以外は隣の鹿児島県に似ている感じがあります。

宮崎県自体は脳卒中の死亡率が高いため、BMIを
下げたり、食塩摂取量を抑制する方向で
行かなければ、今後の脳卒中の患者を減らすことは
できないと言っても過言ではないでしょう。

宮崎県民は運動量を増やし、高脂血症や
高コレステロール血症を改善させるべきです。

また、宮崎県の喫煙率が高いことからも、
ダイレクトに脳卒中の発症原因になるタバコは
できるだけやめるように心がけるべきなのです。

○宮崎県でオープンMRIの脳ドックを予約するには?

宮崎県のオープンMRIは宮崎市
大字浮田にあるみたいです。

もし、あなたの近所に無くても浮田に
行ってみるのも良いかもしれません。

こちらの方の病院では脳ドックの受け付けも
しているみたいなので、頭の病気を
予防したい方は是非、一度検査をしてみてください。

特に宮崎県の方で閉所恐怖症を持っている方は、
宮崎県の死亡率が高いことも考慮して
是非一度オープン型MRIを受けるべきです。

宮崎県は生活習慣は上記のとおり
あまり良い県とは言えません。

もし、宮崎県民が食事やタバコなどの生活習慣を
改善したとしても脳卒中の予防のためには
脳ドックを受けるしかないと考えるべきなのです。

コメントを残す