中途半端な印象の長崎県!今後の対策とは?

e8e4021319350fa85333c1519bdd4006_s長崎県は脳卒中での2013年の死亡割合が20位、
オープン型MRIのアクセス率は32位でした。

長崎県は脳卒中で死亡する確率が高めで、
閉所恐怖症のオープン型MRIの意識度は
かなり低いという結果を得ることが出来ました。

比較的、脳卒中の罹患率が高いため、
閉所恐怖症の長崎県民はオープン型のMRIを
しっかりと選び検査を受けるように
努力した方が良いと思います。

長崎県では比較的暖かい地域ではありますが、
夏など暑い時期に脳卒中が起こり
やすいというデータもあるくらあいです。

九州エリアは他のエリアと比べて脳卒中に対する
統一性が低いのが特徴ですが、長崎県の皆さんは
その中でも脳卒中が起こりやすい県なので脳ドックの
検査に対して検討するべきだと思います。

長崎県の脳卒中の注意点は☆☆☆だった!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

・BMIは長崎県民は高い
・運動は平均的にしている
・塩分は全国的に平均である
・喫煙率は宮崎県はかなり高い

長崎県民は脳卒中の罹患率が高いが、原因は高い
BMI、喫煙率の高さなどがあげられると思います。

長崎県民は運動量は普通といっても、BMIが
高いことからもっと運動をする
必要があるのではないでしょうか?

塩分摂取量が普通でも、日本国自体が高い
ため宮崎県でも決して油断はできません。

宮崎県民も減塩生活をすることにより脳卒中を
予防するように心がける必要があります。

宮崎県で開放的に脳ドックの検査をするなら!

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s

オープンMRIの検査を受けられる
脳ドックを探している長崎県民の方は
たくさんいらっしゃることでしょう。

長崎県は長崎市や佐世保市などでオープンMRIの
脳ドックがたくさん見つかる感じがします。

しかし、ここではオープン型MRIの
脳ドックを見つけることはできませんでした。

オープン型MRIの脳ドックの検査が長崎県で
存在しないはずはありません。

もし長崎県内でオープンMRIを探すのなら一件毎に
病院に連絡してみたらいかがでしょうか?

長崎県の総合病院や脳神経外科などに連絡してみると
見つかる可能性は高くなってくるでしょう。

コメントを残す