閉所恐怖症を一蹴して楽勝でMRIを受けよう

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

閉所恐怖症であっても、たったの30分間MRIで
検査を受ければ脳の病気を発見できるのです。

閉所恐怖でも安心して入れる
オープンMRIの特性を教えます。

またオープンMRIを設置している医療
機関を瞬時にあなたに教えます。

脳卒中の恐怖よりも閉所恐怖症の恐怖の方が怖くて、
ずっと脳ドックを受けられなかったあなたに朗報です。

今まで閉所恐怖症で遠慮していたMRIの
所要時間30分を難なく入れるようなるのです。

MRIに入るより脳卒中になる方を選択していました

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳溢血になりたくない、脳出血の前兆が気になるあなた。

脳ドックを受けたくても検査の時にあの
狭いMRIに入ると考えるだけで気分が
悪くなることはありませんか?

閉所恐怖症は国民の約10%
が該当するとも言われています。

私も狭い所は嫌いでしたので、暗い所に入ることが
原因で動悸や、めまいがするのは耐えられません。

ドキドキ、ハラハラ、具合が最悪になるのなら、もう
脳卒中に罹患した方が良いと思っていたくらいです。

脳卒中で死ぬのは絶対イヤなんです

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

脳卒中を起こした場合、最悪のケースでは即死です。

あなたは脳ドックで脳梗塞、脳出血を未然に予防したいと
考えているけれど、閉所恐怖症で困っていますよね?

そもそも狭い空間を作り出しているMRIが
問題でこれをトンネル型MRIと呼びます。

閉所恐怖症の方は狭くない「開放感
たっぷりのMRI」を選べばよいのです。

脳卒中予防のため空間の広いMRIを特別に教えます!

pl-2014291655789

閉所恐怖症の方のMRI対策としては広く開放感の
あるオープンMRIで検査を受ければよいのです。

オープンMRIは上記写真の様に閉じ込められ
ている感じが無いのと同時に暗くありません。

オープン型MRIで検査を受けるのなら閉所恐怖症の方
でもパニックを起こさなくて済みますね。

オープン型MRIでの検査を希望される方はこちら↓
パート2

コメントを残す