絶対に脳ドックが優先!閉所恐怖症に負けないで!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

あなたは恐怖症で悩まされていませんか?

恐怖症というのは種類が多いのです。

例をあげると、血液を見る、高い所に行く、
狭い・暗い所に行く、色々嫌がります。

このような所では思いもよらない症状が・・・

動悸、めまい、吐き気、発汗など・・・

最近は、観覧車でひどい吐き気を催しました。

観覧車は高所恐怖症に入りますかね!?

この恐怖症は分からない方も多いかもしれませんが本当に厄介になることがあります。
例えば閉所恐怖症、暗所恐怖症!

脳ドックのMRIをずっと避けるのですか!?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血すべてが予防できない!?

恐怖症の方は、恐怖を持つ対象に対して
極力避けようとする経験があると思います。

例えば血液に恐怖を持つ人は献血とか・・・

脳ドックはMRIを使うので
暗くて狭い場所に入りたくない・・・

私もそのような所に入りたくない!

しかし、本当に恐怖を覚える事は別にあるはずです!!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

「もし、未破裂脳動脈瘤があったら・・・

もし、無症候性脳梗塞があったら・・・

考えたくもありません。

脳ドックでしかわからない脳の病気があるのです。

恐怖症を持つ方は脳ドックでMRIに入るのは
絶対にイヤだと考えている方も多いと思います。

それに加えて脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、
脳腫瘍もなりたくないのだと・・・

閉所恐怖症でも脳ドックを受ける方法があるのです

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

閉所恐怖症だから絶対にMRIには入らない!?

たいていの方が脳ドックを避けて頭の中の状態を
放っておくのではないでしょうか!?

それで本当にいいのでしょうか?

病気は待ってくれません。

もしあなたに素因があれば
それが明日発症するかもしれないのです。

要は怖くないMRIに入ればいいだけなのです。

発症したらメチャクチャ大変な脳卒中!?

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

あなたは脳卒中を安易に考えていませんか?

脳腫瘍が悪性だったらどうしないと
いけないか知っていますか?

本当に大変なことになるのです。

発症の仕方によっては絶命するかもしれませんし、
助かっても後遺障害が残る可能性が高いのです。

後遺症に対してはリハビリの苦労を味わい
ながら常にやっていかなければいけません。

リハビリは後遺症を伴って
初めて大変さが分かるとも言います。

やはり、発症の前に脳ドックで予防するしかないのです。

狭くなければ完全解決!?MRIにも構造に種類!!

pl-2014291655789

基本的に脳ドックではMRIは避けて通れません。

なぜならばMRIは未破裂脳動脈瘤や、無症候性脳梗塞を
画像検査してくれる優秀な医療機器だからです。

では狭くないMRIに入ればいいのです。

そんなのあるの?って思うかもしれませんね。

実は狭くないMRIがあるのです。

開放感たっぷりで検査を受けられるオープンMRIを設置している病院をご存知ですか!?
オープンMRIの検査を受けたい方はコチラ↓

新オープン

閉所恐怖症の方、一人での受診が不安な方でも安心な脳ドック

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

あなたは閉所恐怖症だから脳ドックの受診を
迷っていたり、一人で初めての脳ドックの
受診を迷っていたりしていませんか?

そのような理由で脳ドックの受診を迷って
いるのならホントにもったいないです。

悩んでいる間に、もしかするとあなたも
脳卒中で倒れてしまうかもしれません。

脳卒中の発症後、後遺症が残るかもしれません。

悩んで脳ドックを受けないよりも、閉所恐怖症の方や
一人での受診が苦手な方向けの設備やプランを探して
脳ドックを受けるほうがメリットは大きいと思いませんか?

ご家族に脳卒中になった方がいる方は要注意!

1aadede39be4d4ace9a3f7a9a38500c0_s脳卒中になったご家族がいる方は一般的に
脳卒中になるリスクが高いとされています。

もうすでにあなたはご存知かもしれません。

やはり、家族の脳卒中の既往歴に心配になりますよね。

あなた自身も脳卒中で倒れるのではないかと。

心配していても何も発見できませんし
未来を変えることもできないのです。

頭の中の未破裂脳動脈瘤や無症候性の脳梗塞、
脳出血を発見するには脳ドックを受けるべきなのです。

それ以外に脳卒中の予防の方法を思いつきますか?

脳の病気を発見するには脳ドックしかないのですよ。

夫婦や家族と脳ドックで脳卒中予防!!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s
一人で脳ドックを受けるのが不安なあなたは、
ご夫婦やご家族で脳ドックを受けるプランを
受けてみてはいかがでしょうか?

脳ドックを受ける際にプライバシーに配慮した個室を
準備されている医療機関もあります。

個室で家族と一緒の受診なら緊張せず心細くならずに
安心して脳ドックを受けられますね。

夫婦や家族と一緒に脳卒中に対するリスクを減らすには、
脳ドックの受診がベストな方法だと思いませんか?

トラウマに悩むより入ってみようオープンMRI!

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s閉所恐怖症の方にとって、狭くて暗い穴の中に入るのは
恐怖やストレス以外の何者でもないと思います。

暗くて狭いところが何でもない人には
わかってもらえない悩みだと思います。

そんな人もストレスなく受けられる脳ドックがあります。

オープンMRIです。

明るくて広々としたMRIで脳内に異常がないか
開放感たっぷりで検査できるのです。

このオープンMRIはカラダすべてが入るわけでは
ないので、小さなお子さんが入る場合には親御
さんが付いていられますし、また老人などで介助が
必要な場合にでも誰かがそばにいてあげられますよね。

脳卒中に対する不安をなくすなら、悩むよりもまず、
オープンMRIを受けるならコチラ↓
パート2

MRIを嫌がらない!脳萎縮・脳腫瘍も判明するかも?

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

閉所恐怖症の方はオープンMRIなどの開放感
あふれるMRIに入り検査を受けたらよいのです。

過去に閉所に入りパニックになったという
トラウマを引きずらなくても良いのです。

たったの数十分のMRIで脳の画像検査ができるのです。

命にもかかわるこの脳卒中という病気、
発症して治療に専念するよりも
前に未然に予防することが大事なのです。

仮に治療が上手くいって後遺症もほとんど残らなくても
一度発症してしまえば再発に努める必要もあるのです。

脳卒中の原因の未破裂脳動脈瘤や無症候性脳梗塞を
見つける最も優秀な医療機械はMRIなのです。

健康でもいつ脳の虚血症状になるかもしれない

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

現在、日本人の死亡原因は4位に
脳の病気がランクインしています。

2位の心疾患の主要な位置を占める心筋梗塞も
そうなのですが、脳梗塞と同様に
虚血の状態に陥るために起こる病気なのです。

脂質異常や高血圧などで起こる動脈硬化が原因ですが、
血栓が詰まることによっても起こるのです。

食事や運動に気を付けていても、
その発症はいつ起こるのかもわかりません。

オープンMRI検査の値段ばかり気にしない!

0f05689714c835586b40eaa96c627afc_s

オープンMRIはトンネルMRIに比べて
料金が高いということはないのです。

脳ドックでは通常MRIが外れる
ことはあまり考えられません。

MRIとCTの違いとしてコントラストに
利があるのでMRIが優先されます。

脳ドックでは脳卒中のほかに認知症の原因となる
脳萎縮や、脳腫瘍などが見つかることもあるのです。

一度、発症してしまうと後遺症として身体障害を
起こすだけでなく、高次脳機能障害なども引き起こす
ためできるだけ早めに脳ドックに行きましょう。

パート2

閉所恐怖症を一蹴して楽勝でMRIを受けよう

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

閉所恐怖症であっても、たったの30分間MRIで
検査を受ければ脳の病気を発見できるのです。

閉所恐怖でも安心して入れる
オープンMRIの特性を教えます。

またオープンMRIを設置している医療
機関を瞬時にあなたに教えます。

脳卒中の恐怖よりも閉所恐怖症の恐怖の方が怖くて、
ずっと脳ドックを受けられなかったあなたに朗報です。

今まで閉所恐怖症で遠慮していたMRIの
所要時間30分を難なく入れるようなるのです。

MRIに入るより脳卒中になる方を選択していました

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳溢血になりたくない、脳出血の前兆が気になるあなた。

脳ドックを受けたくても検査の時にあの
狭いMRIに入ると考えるだけで気分が
悪くなることはありませんか?

閉所恐怖症は国民の約10%
が該当するとも言われています。

私も狭い所は嫌いでしたので、暗い所に入ることが
原因で動悸や、めまいがするのは耐えられません。

ドキドキ、ハラハラ、具合が最悪になるのなら、もう
脳卒中に罹患した方が良いと思っていたくらいです。

脳卒中で死ぬのは絶対イヤなんです

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

脳卒中を起こした場合、最悪のケースでは即死です。

あなたは脳ドックで脳梗塞、脳出血を未然に予防したいと
考えているけれど、閉所恐怖症で困っていますよね?

そもそも狭い空間を作り出しているMRIが
問題でこれをトンネル型MRIと呼びます。

閉所恐怖症の方は狭くない「開放感
たっぷりのMRI」を選べばよいのです。

脳卒中予防のため空間の広いMRIを特別に教えます!

pl-2014291655789

閉所恐怖症の方のMRI対策としては広く開放感の
あるオープンMRIで検査を受ければよいのです。

オープンMRIは上記写真の様に閉じ込められ
ている感じが無いのと同時に暗くありません。

オープン型MRIで検査を受けるのなら閉所恐怖症の方
でもパニックを起こさなくて済みますね。

オープン型MRIでの検査を希望される方はこちら↓
パート2

脳卒中のリスク放っておくと最悪、死にますよ!

98714241e93a7a5aa2fc334a21a789ab_s

脳溢血や脳梗塞などは予防が一番ですが、
「自分には関係ない」で放っておくと最悪即死です。

MRIの費用が高かったり、閉所恐怖症でMRIに
入りたくないと思う方もいるでしょうが
オープン型MRIの項でその解決方法はお話ししました。

未破裂脳動脈瘤や、無症候性脳梗塞などを
いち早く見つけ予防することは重要です。

これらが脳出血やくも膜下出血につながったり、
重大な症状の脳梗塞を起こすことがあります。

したがって脳ドックで予防するのが一番
ですが、この申し込みは一瞬でできます。

急性期後の麻痺は後々長いリハビリに行きますよ!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳内出血を起こしたり脳梗塞を起こしたら後遺障害
にみまわれ身体障害などを起こします。

リハビリにかかる時間はかなりのものになりわずか
数時間の脳ドックで予防できていたら良かったのにと
後悔する人が多いのもまた事実です。

脳出血・脳梗塞などのリスクを下げる
には今すぐ脳ドックの予約から始めましょう。

数時間を避けただけで時間のかかるリハビリを後悔!

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

脳卒中の前兆が無いと検査を
しないと言い切る人もいます。

健康な時には脳梗塞が起こる
なんて考えてもみなかったはずです。

後のリハビリもこんなに大変なのか、麻痺と
付き合って生活するのもこんなに大変なのか等、
後になって分かることばかりなのです。

しかし発症後の麻痺は避けて通れないのです。

数時間の検査をするだけで、その後は
健康で生活ができると思ってください。

ある日、足の感覚がなくなりすぐに病院に行きました。

病院で検査をすると脳梗塞であることが
判明し、入院することになりました。

命は助かりましたが、肩麻痺が残り
右手、右足が上手く動きません。

日頃から食生活はおろか、検査にも行こうなんて思っていませんでした。
こんな事ならもっと早く脳ドックに行っておけばよかったです。

後悔しないために脳ドックに行きたい方はこちら↓
パート2

わずかな時間で大きな安心?脳ドックMRIは必要?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳ドックの予約は一瞬、検査は30分(MRI)、
これで脳卒中を予防できるのです。

脳卒中を起こしてしまえば、最悪死が待っていま
すが、助かっても片麻痺など身体障害をおこし
リハビリに励まなければならなくなるのです。

リハビリの期間は数カ月から
数年以上かかる場合もあります。

予防に励むか治療に苦労するか、
どちらの選択をするのもあなた次第です。

閉所恐怖症の人はオープンMRI
を選べばよい、ただそれだけです。

脳ドックをMRI以外の医療機器に頼るでは不十分!?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

閉所恐怖症の方はMRIを避け他の医療器具
で代用できないかと考える方も多いです。

ズバリ言いますが、MRIはあった方が
良い検査ができると思ってください。

このMRIは磁力による検査を行うもので得意なのは
脳動脈瘤、脳梗塞、脳血管障害などの細かい部分
についてを鮮明にすることができます。

WS000281図で表してみましたが、頭部CTだけで行おうとしたら
一見、脳動脈瘤以外は全てにおいて良い検査の
ような感じがありますが、血管の状態を細部に
わたって把握するならMRIの方が良いのです。

また、頸動脈エコーも動脈硬化の測定により脳梗塞の
予防ができますが、その他の項目の判別がつきません。

MRIはMRAを兼ねるため、脳動脈瘤
の発見もMRIの方が優れています。

CTは出血性のものである脳出血、クモ膜下出血
には優位に働きますが、トータルで考えると細かい
部分を把握できるMRIの方が良いでしょう。

ただ、頭を打ったので受診した場合、出血を疑って
CTにかけられることが多く、その時はすでに
脳出血が起こっているのを確認するのです。

脳ドックの場合には予防に努めるものですから、
脳動脈瘤を発見できるMRIの必要性があります。

普通の健康診断では脳ドックの代わりにはならない!?

b00f3571c53971bea33ab03053f0a372_s

健康診断を受けていても微塵も
脳ドックの代わりになりません。

先ほどの項目で説明しましたが、
CT, MRIなどが必要になってきます。

これらの医療機器を使ってする健康
診断はあまりないのではないでしょうか

脳ドックに今すぐ行くのが脳の疾患が
気になる方にとって一番の解決方法です。

健康診断の血圧・血液・脂質の検査は参考になる?

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

総コレステロールや中性脂肪、LDLコレステロール
など脳卒中の原因となる動脈硬化の危険因子
を知ることができるので参考にはなります。

しかし、直接的に脳の状態を把握するのは無理で
脳卒中を予防には直ちに脳ドックへ行くべきです。

閉所ではない開放感あふれる脳ドックはこちら↓
パート2

 

閉所恐怖症の治療が先か?脳ドックMRIが先か?

559d733f47431e2422bd7fb99f42bbc5_s

脳の疾患が不安な方は一刻も
早く脳ドックに行った方が良いでしょう。

MRIの検査時間は30分くらいです。

この短い検査で脳卒中の予防ができるならば
やらない理由なんてどこにもありません。

病気は待ってはくれません。

健康に見えても、脳出血の原因になる未破裂脳動脈
の存在や梗塞を起こしている部分を発見して
脳卒中を未然に防ぐのが先です。

しかし、脳ドックに行きたくても閉所恐怖症が気に
なって検査ができないと考える方も多いでしょう。

狭いMRIに入るのが恐ろしくてたまらなく嫌でした

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

動悸、めまい、息苦しくなるのは分かって
いるので脳ドックに入るのは抵抗がありました。

だったら閉所恐怖症を治してから脳ドックのMRI
の検査を受ければ良いと言いたくなるでしょう。

治るまで待つより今すぐ脳ドックを受けるべきなのです。

オープンMRIの脳ドックなら、
今すぐに受けられるではないですか!

閉所恐怖症を治した後なら安心と考えない!

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

閉所恐怖症は不安障害に分類され
パニック障害と類似するとも言われています。

治すには薬物療法、認知行動療法で場合に
よっては一年以上かかることもあります。

治癒してからトンネル型MRIに入れるかもしれま
せんが、そんな時間をかける必要はないですよね。

オープンMRIがありますからサクッと
脳ドックで脳梗塞、脳出血を調べましょう。

閉所恐怖症の治療時間なんて待てません!!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

閉所恐怖症の治療に一年以上かかってしまったら、
すでに脳に 脳卒中を起こす危険性がある場合、
一気に発症して死んでしまうかもしれません。

つまり、閉所恐怖症を治すより脳ドックが先なのです。

閉所恐怖症のあなたでもオープン
MRIに入ることはできるはずなのです。

脳ドックを受け、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血
を予防することができればなによりのはずです。

閉所恐怖症は完治させるよりも
一蹴する方をお勧めします。

脳ドックMRIを優先させる方はこちら↓
パート2

 

 

オープンMRIの脳ドックの精度は大丈夫!?

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

閉所恐怖症の方はオープンMRIに30分
程度入って検査をするだけで良いのです。

この30分間が恐怖の時間でなくなる
事は別のページで話しましたね。

脳梗塞や脳出血を発症すれば後遺症に苦しみ
ますから、たったの30分の恐怖を感じない検査で
後遺症を防止して、絶命のリスクも同時に下げられる
なら閉所恐怖症の方は悩みが解決できることでしょう。

しかし、オープン型がトンネル型に検査結果で劣って
いるのではと考える方も多いのではないでしょうか?

『恐怖を取り除けたが検査精度
が鈍る』これでは困るのです。

オープン型MRIの性能が悪いのなら脳ドックは行きません

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

最初は私もオープンMRIは性能
が悪いのかなと思っていました。

誰でも性能については疑問を持つ傾向があります。

オープン型MRIとトンネル型MRIでは内部の機械に
相違がありますが、検査結果に差はないのです。

したがって、閉所恐怖症の方もオープン型MRI
での脳ドックをためらう必要がありません。

MRIの性能が良く、恐怖心も無く受けられるの
ならば、今後は閉所恐怖症の方の脳梗塞、
脳出血の罹患率が減ってくることは間違いありません。

じっとしていられない人必見のオープンMRI

7ae68afc7dadec2d56666708db55cde6_s

閉所恐怖症の方はもちろん、それ以外の方でも
オープンMRIを使用する意義があるのです。

例えば、老人、小児の場合です。

両者は閉所恐怖症がなくても、狭い所
に入るという不安を抱きやすいのです。

小児の場合は家族と離れて一人でトンネル型
に入るという不安を抱きやすいのです。

しかし、オープンMRIなら小児、老人に家族
が付き添うこともでき、開放的にMRIを
受けることが出来るのです。

そんな開放的なMRIを望まれる方はこちら↓
パート2