高知県は脳卒中の危険性が高いのに検査に行かない!?

d89e8bb37234e7c9ac4b8e1e6a392cba_s
高知県は脳卒中での死亡率は高く、
全国ランキング2013年では9位という結果でした。

閉所恐怖症の高知県民が脳ドックへの願望ですが、
オープンMRIへのアクセス数から見ると再下位でした。

この事より、高知県民に閉所恐怖症がいないか、
高知県民の閉所恐怖症の方は脳ドックを
諦めているかの2通りが考えられます。

前者の高知県民の閉所恐怖症の割合がゼロ
という可能性はまずないでしょう。

つまり、高知県民はオープンMRIの検査の
存在を知らないことになります。

高知県民の脳卒中でのリスクは!?

m020599
・高知県の喫煙率が比較的高い
・高知県のBMIはかなり高い
・高知県の一日塩分摂取量はかなり低い
・高知県の一日歩行数はとても低い県である

高知県民は脳卒中での死亡率ランキングはかなり
高い県ですが、脳卒中自体のリスクとしては
喫煙はかなり気になることです。

BMIと脳卒中の相関性は基本的には見られ
ませんが、女性の場合27を超えると
リスクが増加すると言われています。

高知県の女性の方でBMIが高い方は要注意ですね。

また、一日歩行数より運動量が低いと推定でき、高知県民は
コレステロールや中性脂肪などが高く
脳卒中になりやすい体質の可能性があります。

オープン型は高知県にはあるのだろうか?

pl-2014291655789

高知県民はオープン型MRIに対しての調査を
しない傾向があるので、閉所恐怖症の
方はとても心配になってきます。

閉所恐怖症だったら脳ドックを敬遠し続け脳卒中に
なるというのは、どうしても避けたい結果ですね。

高知県民はオープンMRIを探して脳卒中の予防のため
脳ドックによる脳の検査の予約をすぐに取りましょう。

高知県の中でも高知市知寄町にはオープンMRIで
検査できる病院が存在するみたいです。

その他にもあるかもしれませんが、高知市なら
県内ですので、何とかいける距離で
あることは間違いありませんね。

脳卒中のリスクのある高知県民なら閉所恐怖症で
なくても一度はオープンMRIで検査を受けましょう。

福島県の閉所恐怖症の方は本当に危ない!

060775b6f60d56367e5d276cf302998b_s

脳卒中の死亡率ランキングは2013年の都道府県
ランキングでは5位という極めて危険なエリアでした。

オープンMRIの意識に関しては、ほぼ
全く意識していないという結果が出ました。

つまり脳卒中の危険性がとても高いが閉所恐怖症の
方が脳ドックの検査を敬遠している可能性が
高いエリアが宮城県だと言えるでしょう。

福嶋県は閉所恐怖症の人が脳ドックでの
検査を避けているので、脳卒中での
死亡率が高いと言い換えることもできます。

宮城県民はもっとオープン型のMRIに対して
研究をする必要があるのは間違いありません。

福島県の脳卒中の原因を追究しよう!!

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s
・脳卒中死亡率は極めて高い
・オープン型に対する意識は極めて低い
・塩分摂取量がかなり高い
・喫煙率がかなり高い
・歩行数など目安になる運動量が低い
・女性のBMIはとても高い(2013)

やはり、食生活や運動生活などの質が悪く脳卒中に
なる可能性が高くなるのが福島県の特徴です。

塩分摂取量や喫煙率は脳卒中の原因の動脈硬化の
指標になりますが、福島県民はこの事からも
禁煙や減塩に励まなければいけません。

ここで最も気にしなければならないのは
福島県民は閉所恐怖症の方が脳ドックの検査を
嫌っている傾向があるということです。

福島県でオープンMRIを見つけるきっかけとは!?

m010294

冒頭でも触れましたが、福島県では閉所恐怖症の
方の脳ドックへの関心が低く、オープンMRIの
存在自体を知らない可能性があります。

福島県では会津若松市でオープンMRIで
検査を受けられる病院を見つけております。

福島県は比較的関東エリアに近いため、関東エリアで
オープン型MRIを見つけるのが良いかもしれません。

関東エリアのオープンMRIなら福島県からも
予約して検査を受けることが可能だと思います。

実際に遠方の脳ドックへ行って
検査をされる方も多いのです。

基本的に関東地方にはオープンMRIで受けられる
脳ドックが全国の他のエリアに比べ圧倒的に存在します。

脳卒中に対する宮城県の考え方とは!?

0751ab3cc3388b47b76ced281b8b9659_s

宮城県は脳卒中での死亡者率は2013年度の
ランキングでは全国第30位でした。

これは東北地方の他の5県が上位を独占する中、
宮城県はかなり優秀な県であると言えます。

オープンMRIに対する認識も宮城県に関しては
第20位であり、閉所恐怖症でも
脳ドックに対する意識が高い県なのでしょう。

しかし、全国では第30位であるためまだまだ
脳卒中に対する考えや検査を改める
必要があるのではないでしょうか?

宮城県の脳卒中事情はこれだ!!

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

・宮城県は脳卒中で亡くなる方はやや少ない
・オープンMRIに対する意識は宮城県民は高い
・塩分摂取量が極めて高い地域であるのが宮城県
・宮城県での喫煙率は全国平均ではやや低い
・宮城県のBMIはやや低い

東北地方は6県存在しますが、宮城県は
その中でも珍しく脳卒中での死亡率が低い県です。

喫煙率などが他の東北地方のエリアと比べると低いと
いうデータからも、もしかしたら脳卒中を予防すると
いう考えが強いのが宮城県なのかもしれません。

BMIは直接、脳卒中に関係ないというデータも
ありますが、高いと高脂血症などの動脈硬化の
危険因子となることを知っているので宮城県民は
上手にコントロールしている可能性があります。

油断するべきではない!?宮城県の脳卒中予防とは?

ef3aefd45f52c64613b3c3c3bbb8d94e_s

日本全国では脳卒中の死亡者がそれほど多くないと
言っても、宮城県ならではの危険要因が残っています。

それは宮城県は塩分摂取量が非常に高い県であり、
気温が寒いエリアであるということなのです。

塩分をしっかっり摂取する傾向があり、低温である気候は
部屋との大きな寒暖差を生むため宮城県の脳卒中の
患者数は今後、増えないとは言えない状況だと思います。

閉所恐怖症のためにオープンMRIを宮城県で
見つけたいと思われる方も多いかもしれません。

仙台市の若林区にはオープンMRIで検査を
受けられる病院があるみたいですね。

宮城県でオープンMRIを受けたい方は一度
問い合わせをしてみるといいかもしれません。

秋田県の閉所恐怖症の方は脳ドックをどう考えている?

286a1ab2b01f2cf92d0f26950ad3f193_s

秋田県のオープンMRIのアクセスランキングは
全国で8位、脳卒中での死亡者率は
全国都道府県のランキングでは第2位でした。

この事より秋田県の方は脳卒中の危険性を把握して
いるのと同時に、閉所恐怖症の方がトンネル型
以外のMRIを探している可能性が高い
県だということが分かります。

またBMIも高い県であるのと同時に、
一日の塩分摂取量が極めて高い県の一つで
あるということが、秋田県の特徴です。

どうしても塩分の高い食事を好む傾向にある
秋田県は、この部分からの改善は
必須であることは言うまでもありません。

秋田県の方が気を付けることの4つの事とは!?

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s・喫煙をしないようにする
・塩分摂取量を下げる
・運動をしっかりする
・脳ドックで脳の検査をする

喫煙率も高く、塩分もたくさんとり、運動量も
少ない秋田県の脳卒中の罹患率が高いのは、
いとも簡単に想像がつきます。

これは喫煙の酸化や、塩分による血圧上昇で動脈硬化が
起こりやすくなっている状態なのです。

また、意外に意識してない方も多いのですが、
運動量の不足はコレステロールや
中性脂肪の増加につながります。

この血中脂肪の増加やコレステロールの上昇も脳卒中の
危険因子である動脈硬化に移行しやすいのです。

オープンMRIを秋田県でどうやって探すのか?

m030329

現に日本で2位の死亡率である秋田県の方はできるだけ
脳ドックで予防に努めるべきだと考えられます。

何といっても罹患する確率は高いはずです。

秋田県にも閉所恐怖症の方は大勢いると
考えられるので、病院での検査はオープン型
MRIを選択するようにするべきです。

秋田県では鹿角市にオープンMRIで
検査を受けられる病院があります。

もし、秋田県の方で近隣の病院が見つからない
場合には鹿角市で脳ドックの検査を
してみるのも一つの手だと思います。

秋田県民で閉所恐怖症の方はできるだけ早く病院で
無症候性脳梗塞や、未破裂脳動脈瘤が存在するか
否かを調べることが重要だと思います。

危険な青森県!もっと脳卒中に敏感になろう!

cafbcb6418a3ea01c9fd1549f9d89eef_s 青森で閉所が嫌いな方はどうしたら良い?

青森県は2013年脳卒中の死亡者率が第6位でした。

なお、このサイトへのアクセス率は9位ですので
閉所恐怖症の青森県の方はMRIが開放型である
ことを気にしている割合が高いと分析できます。

青森県の閉所恐怖症の方は現地での脳卒中の
死亡割合が高いせいか、オープンMRIに
対する認識が高いのかなと思います。

青森県の方は脳卒中での死亡割合が
高いため、早めに病院で脳ドックなどの
検査をするべきだと考えられます。

死亡率が高いことからしても青森県の方は
近隣の方で脳卒中になったという
経験も多いのではないのでしょうか?

青森県の脳卒中の危険因子の特徴とは!?

m030329

男性喫煙率が非常に高い(2013)
BMIがとても高い
塩分摂取量が非常に高い
運動量が少ない

青森県の特徴としてはこれだけのことがあげられます。

青森県の脳卒中の死亡率が全国第6位と
いうのも分からなくはないですね。

運動に対する認識、食事に対する認識を
青森県の方は考え直さなければいけません。

特に塩分に関しては血圧をあげ動脈硬化を促進し、
脳出血、脳梗塞などを起こしやすくなりますので
青森県の方は要注意だと考えられます。

また、青森県は寒い地域ですので脳出血・脳梗塞を
起こしやすいという報告もあります。

オープンMRIの脳ドックの認識を深めよう!

pl-2014291655789青森県で閉所や暗所が苦手な方のオープンMRIに
対する認識は、かなりのものだと推測できます。

ただ、実際にオープンMRIで脳ドックの検査を
受ける青森県の方がどのくらいいるかはわかりません。

しかし、まだオープンMRIの存在が分からない
青森県民は充分にその認識を深め、閉所恐怖症でも
検査ができることを覚えておいてください。

おそらく、青森県の方でオープンMRIの病院で
検査予約をする方はあまりいないと予想できます。

青森県では首都圏に比べるとオープンMRIで
検査できる病院は少ない可能性がありますが、
閉所恐怖症の方は何とか見つけて
脳ドックを受けてみてください。

また、関東地方に行くことがある場合には、その
ついでに脳ドックを受るという手段もありますよ。

北海道の閉所恐怖症の方の考え方とは!?

1f797a626efad86f85be82c601bdb487_s

北海道地方は2013年には脳卒中の
死亡率が日本の都道府県では33位でした。

北海道地方のオープンMRIへのアクセス割合は
26位、BMIは必ず相関性があるわけでは
ないですが22位という結果になりました。

つまり、北海道地方の方の脳卒中での死亡率や、
閉所恐怖症の方の脳ドックへの意識などは
全国的にも平均といったところでしょう。

それなりに脳卒中に対してもオープン型
MRIに対しても知識はあるはずです。

しかし、脳卒中での死亡率はもっと減らせるはずですし、
オープンMRIへの認識をもっと高めてもいいはずです。

北海道地方の脳卒中への影響とは!?

m010343

食生活や運動などは基本的に気を付けないと
いけない事ではありますが、北海道地方の
場合は何といっても気温ではないでしょうか?

言わずと知れた日本では一番北に位置する
訳ですから当然、最も寒いエリアと
いっても過言ではありません。

そして、脳卒中の中でも脳梗塞は北海道の冬の
気温ではより発症する可能性が高いと言えます。

最近の疫学調査では夏と冬にも両方、多発傾向が
あるとも言われていますが、極端に寒いエリアで
あることを念頭に脳卒中に対する
考え方ももっと改めた方が良いでしょう。

北海道で脳卒中が懸念される重要な理由〇〇とは!?

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s

脳卒中を発症する原因の一つとして上げられ、
かつ北海道ならではという因子は、ずばり喫煙率です。

2013年の統計では北海道の
喫煙率は全国トップに位置しました。

喫煙は脳卒中の原因となる動脈硬化を促進する
だけでなく、毛細血管自体を収縮してしまう
傾向があるので、脳血管のためには禁煙をした方が
無難であることは言うまでもありません。

喫煙をしている方が多い北海道では脳の
検査を病院で受けた方が良いでしょう。

寒い冬が待っている北海道ではより脳卒中を予防
するために病院での検査をお勧めしたいと思います。

閉所恐怖症ならオープンMRIの病院が北海道でも
あるので一度は検査をすることを検討してみてください。

ちょっと怖い山形県のオープンMRIの認識

fc9a266e6a18520a09926ea434080484_s

山形県の特徴としては、脳卒中での死亡率が高い、
オープンMRIに対してのアクセス数が
低いということが挙げられます。

つまり、山形県の閉所恐怖症の方は脳卒中に
罹患するリスクが高いのと同時に、オープン
MRIでの検査を知らない可能性があります。

日本は東北地方で脳卒中の死亡率が高く、
寒さと脳血管障害が関係あるとされている
山形県でも同様に脳卒中の死亡率が
高い地域であるということが考えられます。

危ないエリアだという認識を強めよう!

de6350f1e8ded9a75ec67726982913bf_s

あなたがもし脳卒中の前兆などに見舞われて
いなくても、罹患しないという保証は全くありません。

基本的に塩分の摂取量が高いエリアでは
脳卒中のリスクが高まるのは当然なのです。

この塩分の過剰摂取は血圧を高める
だけではなく、動脈硬化そのものを促進して
しまうので脳梗塞のリスクも充分高くなるのです。

更には山形県という寒い気候も
手伝うと、もうお分かりですね。

脳卒中の発生しやすい山形県の方こそ
早めに病院で検査を受けるべきなのです。

死亡率が2013年は第3位の山形県

m007-121

どうしても東北地方は脳卒中の
原因となる条件がそろっています。

脳卒中の死亡者の人口比率も、東北地方が
上位を独占しているのはご存知でしょうか?

更には他の東北地方に比べオープン型MRIの
存在の認知率が低いのも山形県の特徴だと思います。

閉所恐怖症の山形県の方は病院で頭部MRIの
検査を我慢したり避けている可能性もあると思います。

山形県にも探せばオープンMRIがあるかもしれません。

山形市や鶴岡市、酒田市などでは
検査できる病院の数も多いと思います。

遠くのオープンMRI設置病院で検査するのもあり!?

m030962

閉所恐怖症の方がオープンMRIを
求めて病院を探すのは当然かもしれません。

しかし、人口の密集している関東地方に比べると
やはりその数は少ないと考えた方が良いでしょう。

しかし、近隣でオープンMRIを見つけることが
できなかったとしても、遠くの病院で
検査を予約するのも一つの手だと思います。

現に他県に行く機会があるときに病院を予約して
検査を受けたという方もいらっしゃいます。

東京が危ない?生活習慣の乱れと脳卒中!

8cf2c9ee749bdc30695ca0b7d1afe041_s

近年、国民の健康志向が高まっており人間ドックや
定期的な健診と病院へ行く機会が増えてきている
のではないでしょうか?

特に日本の都心である東京は、最先端の医療や
技術が集まっております。

しかし、健康調査の統計では東京都の生活習慣病
や脳卒中の発症の件数が大変多くなっております。

なぜ、最先端の医療や検査、それに情報があるのに
発症の件数が増加してしまうのか?

発症の予防のためには、一体どうすればよいのか?

分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

東京都と脳卒中のリスク

559d733f47431e2422bd7fb99f42bbc5_s

 

食生活や日頃の忙しさが重なり、脳卒中を
発症される方が近年では急増してきました。

脳卒中の予防のための病院での検査に行く時間が
無い事が主な原因となっております。

しかし、脳ドックの予約は簡単で、病院での
電話予約や東京ならではのインターンネットでの
予約といった事ができます。

忙しい時間でもしっかりと脳ドックを受ける
事ができる環境になってきました。

東京都での脳卒中と閉所恐怖症の方の認識

m030009

東京都は人口が多いせいもあり、頭部MRI検査を
行う病院もたくさん見受けられます。

閉所恐怖症に向いているオープンMRIで検査できる
病院も同様にたくさんあり、更には閉所恐怖症の
方が脳ドックを受けることの重要性をしっかりと
認識している地域だと言えます。

実際に、東京都のオープンMRIへのアクセス頻度は
高いので、閉所恐怖症の方がなんとか脳ドックで
検査を受けようと考えているのではないでしょうか?

また死亡率に関しては東京都は2013年度の統計では
人口比率に対してかなり低い傾向があります。

一概には言えませんが、脳ドックで検査して脳卒中を
予防している傾向が東京都では強いと考えられます。

最新の医療で検査を受ける事の重要さとは!?

eadde9685b71c78a14aa5f3dd75ccf94_s

脳卒中は、発症する前に検査により未然に防ぐ事が
大変重要となっております。

東京都の脳卒中の発症のリスクが高い理由は、仕事
が忙しいが原因とされております。

しかし、東京の優れている所は最先端が揃っている!
に限ります。

時間がなく、脳ドックを予約するが困難な方には、
簡易脳ドックを率先して実施している
病院がたくさんあります。

また、オープンMRIという医療機器で従来のような
狭い空間に長時間入るのが苦手な方に対しても、
ドーム状ではない広い空間で検査を行う事も出来ます。

都心での検査と予約について

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

従来のように予約を行わなくても、脳ドックや
オープンMRIで検査が出来る病院が増えて
います。

誰でも気軽に検査を受ける事が出来るといった、
環境にある東京の利点をしっかりと把握する事も、
健康への第一歩と言えます。

ぜひ、ご自身の健康の為に脳ドックや、オープン
MRIを予約されてはいかがでしょうか?

知っておきたいオープン型MRIの基礎知識!

327a82681e194997655f811bc13502db_s

オープン型MRIにおいて、『狭くない構造』
以外に、知識が無い人が多く存在します。

広いから閉所恐怖症の方が安心してMRIを
受けられるのは確かな事実であるのです。

しかし、オープン型MRIについて 疑問を抱く
方も多くその疑問についてあげてみました。

『本当にオープン型MRIの
精度を信用していいのか?』

『閉所恐怖症でないなら
不要の医療器具なのか?』

『実際にオープンMRIで脳ドックを
受けた方の体験談を聞きたい』

厳しい基準で作られたオープン型MRI

pl-2014291655789

脳の画像診断がトンネル型MRIに比べて劣って
いたら、脳ドックを受ける意味がなくなってしまいます。

永久磁石と伝導型磁石の違いによりMRIの構造に
変化をもたらせることができるようになりました。

しかし、伝導型磁石を用いるトンネル型MRIで
脳ドックを受ける方が精度が高い時代もあり
ましたが、最近では脳ドックを受けるに当たり
その解像度に差が無いとされています。

基本的にオープン型MRIの精度が悪ければ
脳ドックで使用されることは皆無なのです。

脳ドックのオープン型MRIの精度はこちら

閉所嫌いでも大丈夫!?オープンMRIの有用性とは?

m007-121

一般的にオープン型MRIは閉所恐怖症の
方のためだと考えるケースが多いのですが、
必ずしもそのためだけではないのです。

例えば、狭くて暗い所に何のために閉じ込め
られるか理解をしていない小児はトンネル型
MRIにかなり抵抗すると思われます。

保護者がトンネル型MRIに一緒に入ることができる
わけがないので、付き添い可能なオープン型MRIで
あるなら小児も安心することができるのです。

例えば、体の不自由なお年寄りで介護が必要な
場合にもこのオープン型が適しているともいえます。

脳ドック・オープン型MRIの有用性はこちら

体験者が教えるオープンMRIの流れとは!?

m030079

もし、あなたがオープンMRIを受けたことが無ければ
経験者からの感想を見たいと思うでしょう。

百聞は一見にしかずという言葉がありますので、
いきなりオープンMRIに行っても良いとは
思うのですが、いきなりというのに抵抗がある方は
体験談からイメージを膨らませていくといいでしょう。

オープンMRIの体験談はあまり見ることが
無いのですが、当サイトでは体験者の
感想を集めたものがあります。

脳ドックを開放的に受けた体験談はこちら

あなただけは病院で検査を受けなくても良い!?

21e1efc95ca337e6a0ba8cacc1097e99_s

年齢とともに身近な者が病に倒れてしまいました。

とくに、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血と
それぞれ、違った脳の病に倒れてしまったのです。

自分は大丈夫とつい考えがちになりますが、
年齢とともにその保証の確率は低く
なっていくものと身近な脳についての
病を見るたびに実感してしまいます。

自分は大丈夫と思っても身近で倒れた3人を
みていますと、自分だけは大丈夫と
思っていたと思います..

とくに最後に倒れた義兄は、山登りをしたり、毎日
散歩をしたり、ゲートボールを行ったりと運動量も多く、
ですから、倒れられてみると「まさか。」と言う思いでした。

健診や人間ドックでの検査は脳の病の指標にならず!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

市で行われる検診等はきちんと受けて
いたのですが、MRI等は受けておりませんでした。

せめて、年に1回でも受ける機会が
あったならばとおもいます。

脳の病気にはどうしても後遺症がつきものです。

病気になってからでは、本人はもちろん周りの者の
苦労は次から次へとあります。

家族全体がいろいろな面で影響を受けます。

ある程度の年齢になったらMRIと言う言葉を聞く
と少しおおげさに考えてしまうかもしれませんが、
そんなことはありません。

狭い所が嫌なのは検査を受けない理由にならない!

327a82681e194997655f811bc13502db_s

特に現在はオープンMRIもありますので、閉所が
嫌な方でも意外と簡単に受けることが出来ます。

気にならない方はもちろんトンネル型の
MRIでもどちらでも良いでしょう。

年に1回脳ドッグで頭部MRIを検査すると言う
習慣をつければ、脳関係の様々な病を
より早く見つけることができます。

先のくもまっか出血などは、危ない場所が
確認できでば、カテーテルでも実際に
なってしまう前に予防ができるのです。

後悔するまえに検診や検査を

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

死亡第1位ではなくなったとはいえ、一度病に冒され
ますと、脳関係の病は身体の不自由などから
長い年月患者も家族も苦しむことが多いです。

早めに病院でMRIの頭部検査を受けることは
このリスクを軽減してくれるのです。

特に、オープンMRIでは、圧迫感もなく
検査を受けることができます。

少しでも心配のある方は躊躇せずに検査を受けましょう。

健康寿命で過ごすためにも。

脳ドックを開放的に受けた体験談はこちら