死亡率が再下位の沖縄県でも病院での検査は必要?

df7b02003587d376c7253bb839f76098_s

もしかすると沖縄の閉所恐怖症の方はMRIは
脳ドックはトンネル型のみと諦めているかもしれません。

実際、沖縄県からのオープンMRIを
探している方は、ほぼいない傾向があります。

更には脳卒中で亡くなる方の割合が他県に
比べて少ないので、自分だけは病院で予め検査を
受ける必要が無いと思っているのかもしれません。

閉所恐怖症の沖縄県の方は本当に
それでいいのでしょうか?

脳卒中についても、脳ドックの検査方法についても
沖縄の場合、認識を改める必要があるかもしれません。

油断大敵!死亡率の低さに安心しないで!

m010501

わずかな時間で脳卒中の発症を予防
出来るのがベストだと考えるべき
エリアは当然、沖縄も該当するのです。

沖縄県は2013年は全国でも最も脳卒中での
死亡率の低い県だと言われていました。

しかし、低いことを理由に病院で
検査を受けなくて良いわけではありません。

これは決して沖縄県なら
大丈夫というわけではないのです。

沖縄の方でも脳梗塞や脳出血で
亡くなられる方はたくさんいるのです。

今でも欧米化の影響が強い沖縄は要注意!?

5c57d5b1c4ebbeb3b059de41018f0917_s

脂の多い食生活を控えなかったばかりに
脳卒中を発症してしまうケースもあるため、
出来るだけ早期の生活習慣を
変えなければならないことも多いのです。

食生活の影響を強く受けている沖縄では、
今後はコレステロール値や血圧上昇を
招く可能性も否定できません。

実際に沖縄のあるエリアでは脳梗塞の
発症患者が増えているという報告もあるのです。

脳卒中は発症してしまえば大変なことに
なるため、健康な時により早く病院で
検査を受けるようにしましょう。

BMIの高い沖縄の脳卒中の頻度とは!?

m030329

BMIと脳卒中の相関性はないという研究報告も
ありますが、欧米化の食生活の進んでいる
沖縄県では、コレステロールが高くなる傾向が
あると言っても過言ではないでしょう。

BMIは過去にワースト3位であったという事実も
あるので、それに伴いコレステロールなどの
動脈硬化の危険因子の増加も考えられると思います。

それにオープンMRIの存在にもあまり敏感でない
傾向がありますから、閉所恐怖症の方が脳ドックを
受ける必要性なんて考えてもいないかもしれません。

早期に予防できるように沖縄県の方も出来るだけ
早く病院で脳ドックを受けましょう。

オープンMRI

脳ドックに対し閉所恐怖症の人が留意する事とは!?

閉所恐怖症の人は、閉所に誤って入っ てしまえば、
閉所の有する圧迫感のためにパニック状態へと
陥りがちになっ てしまいます。

閉所恐怖症の人が脳ドックを受けると脳ドックと
いうものは、MRIのように特段狭い場所に入り込む
という性質ですから、一見して閉所恐怖症の人を
害するものではないのかと考える人もいるようです。

しかしながら、病院側もそうした状 況を
予測して、閉所恐怖症の人でもパニックに
陥らないような対策を講じています。

病院側の講じる対策 具体的には、まず問診時に、
閉所恐怖 症である旨を伝えることによって、
MRIをする際に十分な配慮をします。

安易な工夫では検査を乗り切れない!?

脳ドックとは、MRIの装置に頭部から 徐々に通していき、
その間に脳の内部を撮影するという性質のものです。

こうした装置自体が非常に狭い空間で あるがゆえに、
閉所恐怖症の人にとっては、とても苦痛なのです。

その際には、目を閉じてアイマスクなどで視界を
覆い、通常よりもさらに低速にして、
脳の検診を行う方途を取ります。

脳ドックは、通常は単に横になっているだけで済む
ことから、検査のなかでも特筆すべきほど楽な検査です。

しかも、脱衣するようなことも採血するような
こともなく、受け身になって検査していれば良いのです。

しかし、閉所恐怖症の人には、特段の 配慮をとるようにしています。 MRIの速度を落としたり、アイマスク をしたりするほか、耳栓もしてもらう ようにしています。 閉所恐怖症の人への処置をすることに よって、どのようになるか こうした処置をするだけで、閉所恐怖 症の人がパニック状態に陥るという最 悪の事態は免れますから、不安にから れることはないです。 閉所恐怖症の人であっても、このよう な対策を講じるだけで、何らの支障を 来すことはないのです。 ただ、このような処置をとっても、未 だ閉塞感を感じ、パニック状態を誘発 するような事態になるという人であれ ば、極めてレアケースではあるのです が、検査の方法を変更するようにして もいます。 たまにこのような人もいるために、病 院側としても平生からそれなりの配慮 及び対策を講じられるように不断の努 力をすることに吝かではありません。

オープン型MRIの脳ドックをあっさり見つける方法

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s

閉所恐怖症の方がオープン型のMRIなら
脳ドックが受けられるということが分かっても、
どの医療機関に行ったらいいのか分からない方も
多いのではないかと思います。

脳ドックを実施している病院の全てがオープン型
MRIで頭の中の画像を撮っているわけではありません。

ネットなどの情報で脳ドックをオープン型MRIで
実施している医療機関を見つけることは可能でしょう。

しかし、オープン型MRIで検査をしていることを
サイトなどで明記していない医療機関もたくさんあります。

それどころか、あなたが行こうと思った病院が
サイトで脳ドックの実施の有無すら確認
できないケースも多々あります。

一瞬でオープン型MRIの脳ドックを見つける方法とは?

m010078

基本的に脳神経内科や脳神経外科、総合病院などでは
脳ドックを実施しているケースは多いと考えられます。

一つ一つの医療機関に連絡するのは
大変な手間であることは間違いありません。

『脳ドックを実施しているのか?』かつ、
『オープン型MRIで検査しているのか?』
この両方をあなたはいちいち電話で聞くのですか?

手当たり次第に医療機関に連絡するのは非効率ですよね!

そんなあなたのために一瞬でオープン型MRIの
脳ドックを見つけられるページを用意しました。

脳ドックをオープンMRIで実施する病院はこちら

オープン型MRIの脳ドックを選ぶ指標とは!?

m010168

忙しくて平日に検査に行けない!
どうせ脳ドックを受けるのなら安い方が良い!

閉所恐怖症の方でも脳ドックを受けるに当たり
このように考える人はたくさんいます。

脳ドックに行くのを避けたばかりに
脳卒中を発症してしまったでは話になりません。

脳卒中を発症するのが先か、脳ドックを
受けるのが先かということにもなります。

それなら、土日に行くようにしたり、安い費用の
オープン型MRIの脳ドックを選択すればいいのです。

下記はオープン型を選ぶ時に見ておいた方が良いです。

脳ドックを土日で受けたい方はこちら

脳ドックを安く受けたい方はこちら

もしかしたら、あなたも閉所恐怖症かも!?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

意外と閉所恐怖症だったというケースが存在します。

もしあなたが閉所恐怖症でないと思っていても
実際には狭い所に入って怖かったという
感想を持つ場合も否定できません。

閉所恐怖症で無いと思っていても、閉所や
暗所に入ってパニックになったと
言われる方は多々いるのです。

それが脳ドックの検査中に起こってしまったら、
もう検査どころではありませんよね。

脳ドックの検査はスムーズに終わらせたいですよね。

MRIに入ってパニックになっても遅い!?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

もし検査中にパニックになってしまった場合、
MRIの途中でブザーを鳴らして
中止してもらうしかありません。

ご存知の通りMRIは数十分かかります。

脳ドックでは時間をある程度かけないと画像を
撮ることも不可能になってきます。

せっかく脳ドックに行ったのに画像が
撮れなかったら、脳の診断ができる訳がありません。

基本的に脳ドックは予約制であるため、
事前に予約して都合をつけて来院するわけなので、
せっかく時間を作っても無駄になるだけなのです。

そんな時、今度こそはと思いオープン型MRIを
見つけて再度検査に行くのは大変な
手間になるに違いありません。

最初からオープンMRIでの検査を選択するのが最善策

m030351

『私は閉所恐怖症でないから問題ない』とは思わなくて
『もしかしたら閉所恐怖症かもしれない』と考えて
最初からオープンMRIで脳ドックを受けるのが
一番良い方法ではないかと思われます。

オープン型で脳ドックを受けて良かったという
反応はよくある話ですが、トンネル型で受けて
良かったという話はあまり聞いたことがありません。

以前はトンネル型MRIの方が精度が良かったという
話がありましたが、現在はオープン型の精度が
ずい分トンネル型MRIに近づき、画像診断の
コントラストの違いがなくなっているそうです。

精度の違いが無ければ最初からオープン型で
受けた方が良いに決まっています。

MRIを受けるにあたってオープン型がどうかは、
受診者が検査において把握しておくべき
ポイントの一つになりそうです。

オープンMRI

2つの安心をもたらしたオープンMRI (体験談)

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

私は去年、顔の左半分が麻痺してしまい、家族に
勧められて検査を受けることになりました。

実は数年前にも同じ症状が出たことがあり、
そのときは1人暮らしだったので病院に行かずに
様子見し、運良く1ヵ月半程で回復したのです。

ですが今回診断に行った病院でその話を
すると大変激怒されました。

顔に麻痺が残るだけでなく、既に
死んでいた可能性もあると言われたのです。

閉所恐怖症ならMRIを当然の様に嫌がる!?

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

私にも理由がありました。

MRI検査を受けることが怖かったのです

麻痺になり、病気を調べました。

そして、閉所恐怖症によるMRI
検査でのパニックを知ったのです。

私は閉所恐怖症持ちです。

小学校低学年時に6年生から逃げ場のないトイレに
追い込まれて暴力を振るわれそうになった経験があり、
それ以来狭い逃げ場のない場所や視界が
制限された場所が駄目になりました。

知らないのは損?すでに対策済みだった医療の世界!?

pl-2014291655789

結局、最初の医者に閉所恐怖症のことを話しました。

すると医者は私のような人でも受けられる
MRIがあることを教えてくれたのです。

そしてそれがオープンMRIでした。

設備されている病院を教えて貰い、紹介状も
書いて頂き、そして受けることになったのです。

MRIの検査を受ける時はすごく緊張しましたが、
オープンMRIと検査をしてくれた医者に救われました。

オ ープンMRIは身体にも視界にもゆとりがあり、
私にとっては側面の視界が開けてるだけで
十分救いになりました

オープンMRIはただ広いだけではない!?

14fdac137d2df1cafbf140359fd28d27_s

また医者が私を気遣って視界で感じとれる場所に
立ってくれていたのも有難かったです。

結果は問題なかったですが、完治するまで顔の
リハビリを続けることになり、1年に
1度脳の検査を受けた方がいいとも言われました。

日常が崩れる恐怖が分かりますか?

私に家族が検査を強く勧めたのには理由がありました。

少し前に眩暈で父親が倒れたことがあったからです。

大事には至りませんでしたが、
急に倒れた余波はありました。

私の家族だけでなく、父が支える母や祖母の生活の
ことにも目を向けさせられことになったからです。

倒れるより前に脳ドックへ行くことが大事?

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

急に人がいなくなるということがこれほど簡単に
日常を変えてしまう可能性があることを知りました。

おそらく他の家族も同じだったのでしょう。

だからこそこれが前兆かも知れないと思い、
強制するような感じで私に検査を勧めたのです。

眩暈や手足のしびれ、言語障害など脳梗塞や
脳出血にはその前兆が現れる場合があります。

ですがそれらの前兆は病気の
前に必ず現れる訳ではないのです。

安心のためにも定期的な脳の検査、
脳ドックを受けることを私は皆さんに勧めます。

オープンMRI

オープンMRIなら閉所恐怖症でも受けられる!?

pl-2014291655789

【オープンMRIとは?】

オープンMRIとは、その名の通り従来のようなドーム
型のMRIに入り検査を受ける方法ではなく、
広い空間でドームに入ることなく検査を受ける事が
できるMRIをオープンMRIと言います。

オープンMRIは、今までのMRIでは検査をする事が
困難であった方に推奨されています。

閉所恐怖症や高齢の方にこのオープンMRIでの
脳ドックは重宝されています。

従来のMRIではパニックになってしまったり、同じ
姿勢で長時間検査を受ける必要がなくなりました。

これまで、狭い空間での検査が嫌で脳ドックを受けて
こなかった方も、気軽に受けることが出来ます。

オープンMRIの検査内容は信頼性が高い!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

オープンMRIも従来のMRIも検査の内容や、
発見できる疾患は変わりません。

オープンMRIは脳梗塞や脳出血と言った脳疾患の
予防の為に、従来のMRIでは検査を受けることが
困難な方に対して行われます。

ですので、従来のほうがすごい!とかはありません。

オープンMRIで脳疾患を早く発見することが
先決となります。

早期発見の為に、オープンMRIでの脳ドックを
受けるようにしてください。

驚くべきオープンMRIの特徴とは!?

m030079

オープン型MRIの特徴とは、怖くない!という
のが一番に思い浮かぶのですが、それだけでは
ありません。

オープンMRIは閉所恐怖症の方専用に作られた
のではなく、従来のMRIでは検査ができない方
に対して作られました。

オープンMRIは使用している磁石が永久式磁石となり
従来型の超伝導磁石という強力な磁石に比べて、
検査を受けられる方の範囲が多くなっています。

磁力が弱くなっいるので、妊娠中の方のMRI検査にも
このオープンMRIは活躍しています。

意外!?脳ドックとオープンMRIの関係

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

オープンMRIの登場で、脳ドックの検査を受ける方が
近年では、増加傾向にあります。

脳ドックの不人気にはやはり、従来型のMRIに原因が
あったのかも知れません。

閉ざされた空間での検査から、オープンな検査へと
変わっている脳ドックの需要は、これからも増加していく
とされています。

ご自身の健康の為に、オープンMRIを使った
脳ドックを受診してください。

オープンMRI

オープンMRIではどうして恐怖が無い!?

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

☆基本です!脳ドックの重要性とオープンMRI

脳ドックは脳卒中やその他の脳疾患を早期発見、
早期治療ができる検査となっております。

脳疾患は発症してからでは遅く、手遅れになって
しまう可能性もあります。

人間ドックと同様に脳ドックも必要な検査だと
なっております。

脳ドックの検査の特徴は、人間ドックと違い
脳の細部までCTスキャンやMRIを使用して
画像診断を行います。

また、閉所恐怖症の方などMRIに入ることが
困難な方にオープンMRIというのも存在します。

驚異の発見率!オープンMRIでの検査!

pl-2014291655789

脳ドックを受けるのには、MRIに入ることが前提と
されております。

しかし、閉所恐怖症や認知症、小さな方などには
あの狭い空間は耐えることができません。

そのような方にオープンMRIは力を発揮してくれます。

従来のような狭い空間で長い時間検査されることが無く、
広い空間でMRIの検査が受けることができます。

オープンMRIは今まで脳ドックに行きたかったけど、
行くことに躊躇していた方に、ぜひ試して頂きたいと
思います。

不安にならないで!オープンMRIの性能は?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

従来のMRIとオープンMRIの性能は、大差ないとは
言い切れません。

やはり、従来のMRIでの画像診断のほうが、解像度
などは優れています。

しかし、オープンMRIも従来のMRIと同じになるように
現在も研究が重ねられております。

オープンMRIでは、従来のような長時間ドームの中に
入ることは無く、所要時間は約15分から30分程で検査は
終了します。

オープンMRIの重要性は知らないと損!?

m010501

狭い空間に入ることが困難な方にとって、このオープン
MRIでの検査は、命を繋いでくれる機器といっても
過言ではありません。

冒頭でもお伝えしました様に、脳疾患は発症する前に
予防や治療するのが大切となっております。

オープンMRIを使用した、閉鎖されていない空間での
脳ドックの検査は、受診しやすくなってきております。

脳内の現状の把握や、健康状態の確認をすることは、
毎日を健康に過ごす!という事と直結してきます。

脳ドックに恐怖を感じている時には、このオープンMRI
の存在を覚えておいて下さい。

オープンMRI

脳ドックも健康診断の必須条件!?

14fdac137d2df1cafbf140359fd28d27_s

老若男女問わず、健康で長生きしたい、病気に
なりたく無い、そう思って努力されている方は多い筈。

無論、個人的な力では及ばない部分は専門家に任せて
治療する事になりますが、前兆が有って検査する場合は、
何となく心の準備も出来るが、脳梗塞・脳出血や
心臓発作等の突然の病魔に関しては迅速な
治療と適切な対応が急務です。

また、再発防止の検査にも有用です。

一般的な人間ドックでは広く浅く検査をします。

気になる所は後に重点的な検査をして行くのですが、
レントゲンやMRI・CT検査は痛みもなく
原因を究明する手段として普及しています。

高齢化と共に脳ドックを受ける人は年々
増加しますが、それを躊躇する人も居るのです。

検査自体が嫌いと思う人です。

痛みを怖がる前にあなたの救世主がある!?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

「注射や点滴が嫌い」何故なら痛いから。

これは分かります。

『痛みが無いMRIが嫌だと思う理由』

これはあの狭い空間が怖いという心理からです。

レントゲンは少量のX線放射能被爆を与えますが、
MRIは磁気共鳴を利用するので、実害はなく
利点も多いですが、閉所恐怖・パニック症等の
心的ストレスやトラウマを抱えている方には、
治療前の検査であっても恐怖となって仕舞うでしょう。

まさか、あのMRIがオープンになった脳ドック!?

m030079

そうした間接的な恐怖に対しても、そして継続的な
検査を実施する上でも脳ドックは大切です。

認知症を初めとする疾病は大小の脳梗塞や脳出血、
場合によっては脳腫瘍の発見や
脳萎縮の前兆現象を発見する事が出来ます。

頭部の病気全体を検査出来る有効な手段なのです。

そして、最近では「オープンMRI」という、従来の
閉所へ押し込まれずに検査が可能な装置も出てきました。

窮屈な思いをせず、恐怖心を
軽減し気軽に受けられるのです。

オープン型MRIは閉所恐怖症用と思ってません?

m030958

これは大人だけに限らず、子供さんや
ご高齢の方にも優しい設計です。

尚且つ、15分から30分間と短時間で検査が出来、
従来よりも高い精度の質の高い画質が得られることから、
小さな病変も見逃さずに検査が出来ます。

患者さんのみならず、検査する側・
診断をする側にとっても有難いのです。

食生活の変化やストレスフルな生活が
続くと、体に悪影響が及びます。

あなたの知らない危険がある?

de6350f1e8ded9a75ec67726982913bf_s

筆者は35歳当時に心電図と共に
血管年齢も検査してもらいました。

「血管は還暦ですね」物凄いショックでした。

年齢は体の内側からとって行くのだと。

知らず知らず「老化」が進んでいると。

後に、長期に渡って頭痛が酷い
時期があり、脳ドックを受けました。

特に異常はなかったものの、やはり
不安の方が先にありました。

つまり、突然の脳出血・脳梗塞等の疾患です。

祖母が「やはり」くも膜下出血で
手術したので、そのインパクトが凄いのです。

脳ドックの威力を知らないの!?

m030290

身近にそうした疾患に襲われた人が居るだけに、
定期的な検査は必要不可欠なのです。

脳ドックも一般的な人間ドックの
必須項目として立派に成立します。

オープンMRIの導入はそうした
切っ掛けになるのだ感じます。

恐怖心は抱かずに気軽に受けて頂きたい。

そして、健康を維持管理していきたいものです。

早期発見、早期治療が何よりの予防になります。

オープンMRI

未破裂脳動脈瘤を知らないのは危険です!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

脳動脈瘤は脳の血管が風船のように膨んでしまう
瘤ですが、この瘤が破れる事でくも膜下出血の
原因になり一瞬で亡くなるケースがあります。

くま膜下出血では1/3が亡くなってしまいますが、
残り1/3の方には重大な後遺症が残り、
元気になれるのは更に1/3の方のみです。

最も恐ろしい事は「なるまで気づかない」事であり
多くの方が何の前兆もなく突然発症します。

この脳動脈瘤を発見する事で予防可能で
その方法は脳ドックを受ける事。

脳ドックには脳動脈瘤を発見する検査があり、
脳MRAと言う脳神経外科の検査なのです。

体に傷を負うことなくできる脳MRAは
放射線を気にする事もありません。

なぜ、脳ドックで脳動脈瘤を見つけ出せるのか?

pl-2014291655789

脳MRAはMRIと同じ検査室で行いますが、
MRI機械の使い方を変えて行う磁気を使う検査です。

患者さんは土管の中に入り技師が外から撮影します。

機械にはオープンMRIと言う機械もあります。

こちらは『どら焼き』のような形をしており、
患者さんは『あんこ』の位置に寝そべり撮影します。

土管に入らないため開放的な検査なので、
特に狭い所でパニックになる方には向いていますね。

MRAには脳の血管が3Dで映し出され、
脳動脈瘤は瘤のように膨らんで映し出されます。

他の病気になる血管の奇形が見つかる事もあります。

どうしますか?もし脳動脈瘤が見つかったら?

m007-121

思わぬ脳動脈瘤が見つかってしまったら、
かなりのショックがあるかもしれませんが、
見つからずに破れてしまうと命に関わります。

万一脳動脈瘤が見つかると次の対応がとられます。
・精密検査(造影剤を使った検査)
・生活指導をしての経過観察(様子をみる)
・手術での脳動脈瘤治療

破れる心配の無い動脈瘤は様子見になりますが、
医師が定期的に診察をするのが前提になります。
・開頭クリッピング術
・脳血管内治療

クリッピング術は頭を切り開く手術で
脳動脈瘤にクリップをして塞ぎます。

脳血管内治療は足の血管から行いますが、
カテーテルを差し込んで行う治療で、
脳動脈瘤の中に詰め物をして塞ぎます。

カテーテルかクリッピングの選択とは?

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

実際に脳動脈瘤が見つかってからは、どの種類の
オペが用いられるかは状況次第になります。

どちらが行われかは医師の専門により変わります。

破れる前の脳動脈瘤が見つかる事はいい事です。

命に関わる病気をなる前に見つけれたのですから。

脳ドックでは命を守る事もできるのです。

オープンMRI

最重要!?まずは一度脳ドックを受けてみて!

f944c335ac708c3d1192279638db2c48_s

脳梗塞や脳卒中などの病気はまるで晴天の霹靂のように
突然起こるものです。

脳のほんの少しの異変に気づくた
めに大切なのは、「脳ドックを受けること」。

倒れてからではもう遅いのです。

脳ドックを受け、脳の小さな変化に気付きましょう。

〇脳ドックの流れって?どんな検査を受けるの?
・頭部MRI検査
・頭部MRA検査
・頸部MRA検査
・頚動脈エコー

下の2つの検査はオプションになる事が多いようです。

精密な脳ドックを受けられるMRI検査って?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

精度の高いMRIを用いての脳ドックは、脳梗塞、
脳出血、脳腫瘍を早期に発見できる検査です。

くも膜下出血に繋がる症状の有無もわかります。

CTよりも精度が高く、小さな腫瘍でも見つける
ことができます。

〇MRIが苦手、という方に是非…!!

MRI、と聞いて一番に思い浮かぶのが、トンネル型
MRIでしょう。狭いトンネルの中に入るので苦手…
と感じる方も多いようです。

そんなトンネル型MRIが苦手という方におすすめな
のが、オープンMRIです。

オープンMRIは、全く新しい形のMRIで、
広く解放された場所で検査を受けることができます。

狭いところが苦手な方、小児やお年寄りでも安心して
受けられるのがうれしいですね。

脳ドックの時のMRA検査や頻度はどの程度?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

頭部の血管の様子を詳しく立体画像化し、調べる検査
です。脳動脈瘤のスクリーニングとして行われます。

〇脳ドック検査の頻度はどのくらい?

一度受けてみて、特に異常がないと診断された場合は
2年から3年に1回の検査で問題ないでしょう。

ただし、中高年の方、脳卒中の家族歴がある方、
高血圧の方、肥満な方、喫煙習慣がある方は、
毎年の脳ドック受診をおすすめします。

とにかく一度脳ドックを受けてみよう!

m030575

健康だから、自覚症状がないから、といって検査を
受けないのが一番危険です。

破裂しない限り自覚症状がほとんどない脳の病気、
だからこそ脳ドックこそが発見の唯一の手段、
となるんです。

なんらかの異常が発見されたとしても、
食事や運動で気をつければ発症を回避できます。

まずは自分のため、家族のために受けてみましょう!