脳ドックへ行かなくてどこに行くのですか!?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s
会社などで勧められている人間ドックは、病気の
早期発見、治療のために行われていますが、
どんな病気も見つけられるという訳ではありません。

脳卒中や脳梗塞などの脳の異変には
気付けないことが多いのです。

そこで、脳ドックを定期的に受けておけば、未破裂の
脳動脈瘤などの小さな異常も見つけることができます。

脳卒中や脳梗塞になってしまってからでは、
後遺症が残ってしまうこともありますから、
未然に防ぐということについても
脳ドックを受ける価値があります。

脳疾患予防!!脳ドックの検査方法は?

b61a9aed89f6d5d76113c931b20936c8_s

脳ドックの検査方法には、MRIやMRAによる
画像診断の他に、超音波検査や脳波測定、
心電図などがあります。

色々な検査をすることで、多方面から
脳の病気や危険因子を調べていくのです。

検査の項目の一つであるMRIには、トンネル型の
ものとオープン型のものがあります。

トンネル型のMRIは、閉鎖的な空間の中に入れられて
しまいますが、オープンMRIは狭い空間に入れられる
ことがないので、閉所恐怖症の方でも
楽な気持ちで受けることができます。

オープン型MRIでの検査は値段を心配しなくて良い!?

pl-2014291655789

また、オープンMRIでもトンネル型のMRIと
同じくらいの費用で脳ドックが
受けられる医療機関があります。

そのため、オープン型で受けたいけれど、費用が高く
なってしまうという心配をする必要はありません。

脳ドックの費用は? 一般的にかかる
脳ドックの費用は4〜9万円と言われています。

最近では、検査項目を減らし、短時間で
受けられる脳ドックも登場しています。

そちらは2万円代と安い費用で脳ドックを
受けられるようになっています。

価格が高い場合にはシンプルではない脳ドック!?

m030962

もちろんオプション付けて検査の内容を増やしたり、
人間ドックもまとめて受けたり、入院して
受けたりした場合には、費用が高くなります。

高すぎると思われた場合には、どのような内容なのか
確認して必要な検査だけを受けるようにするのです。

シンプル脳ドックなどを選択すれば基本的な
検査を受け価格が安くて済むケースが多いはずです。

脳ドックの費用は健康保険は適応されないので、
自己負担になってしまいますが、脳梗塞や脳卒中に
なってしまい、働けなくなることや後遺症が残るという
リスクを考えると1度受けておくことをオススメします。

2%e4%b8%87%e5%86%86%e4%bb%a5%e4%b8%8b%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3mri

コメントを残す